【web面接】事前準備(場所、機種、電波、通信、カンペ)に大切な5つ

2020年4月18日

コロナ禍で就活は従来の対面型からweb型へすっかり変化しています。

web説明会やweb面接を導入する企業はものすごいスピードで増えています。

これからweb面接にのぞむ人は、何を事前に準備すればよいのでしょうか?

この点につきまして、企業の新卒・中途採用活動を15年以上している私がアドバイスいたします。

私は就活に悩む人へ少しでも役立つ情報(レシピ)を提供しています。

この記事ではオンライン面接の事前準備として場所の選定、機種を選択、電波チェック、通信方法の確認、カンペの設置が必要だとわかります。

事前準備に大切なポイントは5つです。

①どの場所で面接するか決める
②電波状況をチェックする
スマホかパソコンか機種を決める
④web面接の通信方法を確認する
⑤カンペの位置を決めておく

準備が万端であれば、安心して本番にのぞむことができます。




web面接の事前準備とは

web説明会を視聴した後に関心をもった企業へエントリーすれば、次は一次面接となります。

この一次面接をweb面接で実施している企業が増えています。

もちろん一次面接だけでなく、二次面接、最終面接もwebで実施している企業も増えています。

web面接はオンラインで面接官と1対1もしくは面接官2、3人で行います。

面接時間は30分~1時間程度がもっとも多いです。

通信機器を使用するので、スマホ、パソコン、ノートPC、タブレットが必要になります。

専用のアプリ(Zoom、インタビューメーカー、Skype、Microsoft Teamsなど)を使用します。

電波状況に左右されることが多く、弱いと途切れたり、フリーズしたりします。

通信状況のよい場所選びとどの機種で面接にのぞむか事前に決めておく必要があります。

はれきち

web面接で一番多い
トラブルは通信障害です

どの場所で面接するか決める

Web面接

どの場所で面接するか決める必要があります。

場所選びは背景、室内の明るさ、静かな環境のこの3つが重要な決め手になります。

・背景はプライベートなものが映らない

・室内の明るさで表情をしっかりみせる

・静かな環境で雑音を遮断する

背景選び

web面接ではあなたと背景が必ず映ります。

当然、見られるので整理整頓と掃除が必要になります。

背景プライベート的なものが映ることを避けなければなりません。

例えば、洗濯物、ポスター、フィギュア、ぬいぐるみ、雑誌はイメージを損なうので避けてください。

一番ベスト場所は無地の壁を背にできるとこです。

白い壁だとなおよいです。

無地は生活臭がなく、白壁は顔の表情が際立ちやすく、清潔感があるためです。

難しければ、カーテンを背にするとよいです。

机の位置によって、場所が限定される場合は背景にプライベート的なものがないか確認してください。

ふさわしくないものは取り除くかスマホの角度で調整しましょう。

室内の明るさ

室内の明るさ?と思われるかもしれません。

webを通した映像では肉眼よりやや暗く映るのです。

時間によって、暗くなる部屋は要注意です。

室内が暗くなると表情が黒くなり、見えにくくなります。

表情は面接官の印象を決める重要なポイントです。

太陽光を入れてもよいのですが、太陽を背にすると逆光になるので、姿は真っ暗になります。

私のおすすめは昼でもカーテンを閉め、電気をつけることです。

電気をつければ、明るさは確保できるから。

室内を明るくして表情をしっかりみせましょう。

静かな環境

静かな環境で行う必要があります。

さわがしい環境だと面接官の質問に対して、あなたの回答が聞こえにくくなります。

スマホのマイクが雑音よく拾います。

例えば、室内で犬を飼っている、小さい子供がいる場合は注意してください。

実家だと家の電話がかかる場合があるので家族の人にも協力してもらいましょう。

また、窓を開けると外の雑音も拾ってしまいます。

電車、車や救急車の音や犬の鳴き声、子供が遊んでる声は良く聞こえます。

窓は閉めるようにしてください。

はれきち

場所選びはあなたの
イメージを左右します

電波状況をチェックする

電波チェック

オンライン面接で一番大事なのは電波状況です。

web面接のトラブルで一番多いのが電波状況が悪く、途中で切れたり、画面がフリーズしてしまうことです。

面接時間は限られているので、こういったトラブルになると時間が少なくなります。

再度つながっても、かなり慌てているので平常心を保つのは困難です。

私はそのようなトラブルを何度も見ております。

自宅で無線LANを使用している人は場所により電波状況が弱い場合があります。

事前に電波が強い場所、弱い場所を確認しておきましょう。

パソコン、ノートPC、スマホ、タブレットのどれも使用してよいですが、電波状況を必ず確認しましょう。

通信アプリによって、推奨速度が違うので詳細を知りたい人は確認しておいてください。

一般的に15~30Mbpsあればよいでしょう。

それ以上の速度であれば、どのweb面接アプリも快適環境下にあるといえます。

>>速度チェックはこちら

自宅がどうしても電波が入りにくい場合は、大学の研究室の一部を借りる、ネットカフェの個室や友達の部屋を借りることを考えておきましょう。

スマホかパソコンか機種を決める

通信機器はパソコン、ノートパソコン、スマホ、タブレットどれを使用しても構いません。

ただし、カメラの付いていないパソコンはwebカメラの購入が必要です。

パソコンとスマホの両方がある人はパソコンを使用するとよいです。

理由として、無線LANより有線LANの方が通信速度が安定しています。

スマホと比べて、通信トラブルが少ないです。

また、画面が大きいので面接官の動きが見やすいです。

スマホは場所を選ばないので、どこでも面接ができるのが特徴です。

あなたにとって都合の良い方を選択しましょう。

web面接の通信方法を確認する

web面接をするときは専用のアプリで通信します。

LINEのビデオ通話をイメージするとわかりやすいです。

LINEだと簡単なのですが、セキュリティの問題で使用する企業は少ないです。

よく使われるアプリとして、Zoom、インタビューメーカー、Microsoft Teamsがあります。

企業によってその他のアプリを採用している場合があります。

だからといって、やり方を全て覚える必要はありません。

必ず事前に人事部からメールでやり方が届きます。

ダウンロードするものやパスワード設定があるもの、URLのみが送られるパターンがあります。

直前にセッティングすると時間に余裕がなくなるので、事前に確認しましょう。

パスワードが大文字のところを小文字で間違えて、ログインできないことが多々あります。

間違わないように入力しましょう。

どうしても当日つながらない場合はメールではなく、電話で問い合わせしてください。

はれきち

緊急事態はメールではなく、
電話をしてください。
番号を控えておきましょう。




カンペの位置を決める

カンニングペーパーはダメでしょ、そうしない方がよいです。

対面の面接では絶対に不可能です。

でも私はカンペがありか、なしかでいうと『あり』です。

ただし、一字一句写すのはダメです。

では何をカンペするのか?

フレーズやアピールすべきポイントに絞ってカンペすることをおすすめします。

練習している時に大事なフレーズを言うのを忘れたりとか、自己紹介の時に大切な部分が抜けたりしませんか?

たとえば、面接官から『なぜ他社ではなく弊社を希望するのですか?』と質問されたとき、緊張で言いたいことがとっさにでないことがあります。

そこで、教育プログラムの充実、特殊技術、企業方針、チャレンジ精神、人を大事にする社風などフレーズを書いておくのです。

練習ではスラスラ言えるのに、なかなか言いたいことが出てこないとき、カンペがあれば非常に便利です。

カンペはカメラ位置の横に貼ると相手からわかりません。

位置はカメラの上過ぎても下過ぎても目線が不自然になるのでダメです。

その他に取りそろえると便利なもの

その他に取りそろえておくとよいものを紹介しておきます。

  • スマホスタンド
  • イヤホンマイク

ほとんどの人が通信機器として、スマホを選択すると思います。

あれば便利なものとして、スマホスタンドがあります。

<スマホスタンドの特徴>

・途中でズレることなく、しっかり固定ができる

・表情をよく見えるよう角度調整ができる

・目線をあわせるために高さ調整できる

話すときはカメラを見て話すと目線が合います。

机の上に置くより、スマホスタンドを使う方が対面と同じような目線の高さになります。

面接官の印象として、その方が意思が強く感じられます。

<br>
<br>

また、パソコンやスマホを使用するときはイヤホンマイクがあれば便利です。

<イヤホンマイクの特徴>

・面接官の声が聞き取りやすい

・自分の声がクリアに面接官に伝えれる

・雑音を抑制する機能がある

面接官は声が小さい人、早口な人と様々です。

イヤホンマイクがあれば、かなり聞き取りやすくなり、面接官も聞きやすくなります。

まとめ

web面接にのぞむ前に電波状況、場所や背景、通信機器の選択など準備をしっかりしておくことが重要です。

オンライン面接で一番多いトラブルは通信障害です。

パソコンとスマホの両方をもっているならパソコンの方がよいです。

有線なので通信が安定しており、画面も大きいので見やすいからです。

本番直前にドタバタしないように、事前準備をしっかりしておきましょう。









✅web面接中の注意点とコツについて



Posted by はれきち