【web面接の準備どうする?】事前に選択が必要な5つのこと【初心者編】

2020年4月18日

就活は従来の対面からオンラインへすっかり変化しています。web説明会から最終面接までオンラインで完結するのは珍しくありません。

初めてweb面接にのぞむ場合、何を事前に準備して、何を決めなければならないのでしょうか?

私は大手企業の新卒採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」です。採用する側の立場で、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています(Twitter版はこちら)。

この記事でわかること

<事前に選択が必要な5つのこと>

・機種(スマホ、PC、ノートPC)の選択

・場所(背景)の選択

・無線、有線LANの選択

・イヤホンマイク使用の選択

・カンペ使用の選択

この記事を読むとweb面接を準備万端でのぞむことができます。結果、web環境が整った状態で、面接官に対し、印象よく面接を始めることができるでしょう。

はれきちの合格レシピ

スタンドライトを使うと顔の表情が明るく見える

【初心者向け】まず、web面接の事前準備~面接終了までの流れを把握したい人はこちらから

【WEB面接の流れ】初心者でも簡単にわかるやり方とコツ【まとめ】

                    




登録し忘れてませんか?逆求人サイト

<👑人気ランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数8,106社でNO.1

・4年連続学生利用率NO.1

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

✅学生登録者数伸び率NO.1

~特徴ある就活サイト3選~

レバテックルーキー

・新卒でITエンジニア目指したい

理系ナビ

・研究職やITに強く、インターンが情報充実

JobSpring(文系女子に強い)

・紹介は3~4件のみ、早期離職0.1%の実績

web面接の準備とは

準備するもの

web面接の準備は何が必要になるのでしょうか?

最低限必要になるのは、スマホとリクルートスーツだけです。web面接アプリを利用して、お互い容姿を映しながら会話のやりとりをするので、通信機器は必須です。

スマホはほとんど人が持っているため、誰でもweb面接に参加することができます。後は対面面接と同様に男性であれば、スーツにワイシャツ、ネクタイが必要で、女性であればスーツにブラウスもしくはシャツの服装でのぞみます。

電波状況がよければ、自宅や実家のどの場所でもweb面接を受けることができます。

ただ、これはあくまでも最低限必要なものなのです。もっと面接官から印象よく見られたり、web面接の環境をよくするならば、追加でそろえる必要があります。

例えば、通信機器をスマホではなく、ノートPCを使うと利便性が上がります。画面が大きくなり、面接官の表情がよく見えるのです。また、無線LANより有線LANを使うと通信が安定します。

事前に選択が必要な5つのこと

スマホとリクルートスーツがあれば、web面接を受けるのに最低限のものはそろいます。

では、もっとよりよいweb環境にするためにはどのようなアイテムが必要となるのでしょうか?

事前に選択が必要な5つのこと

・機種(スマホ、PC、ノートPC)の選択

・場所(背景)の選択

・無線、有線LANの選択

・イヤホンマイク使用の選択

・カンペ使用の選択

通信機種の選択

通信機種として、スマホはもちろんですが、パソコン、ノートパソコン、タブレットの中から選択しなければなりません。スマホ以外持っていなければ、選択の余地はありません。

ただ、パソコンやノートPCを持っているなら、どれかを選択しなければなりません。

カメラ移動画面大きさ有線LAN
スマートフォン××
パソコン××
ノートPC
タブレット×
通信機種の比較

スマホは画面が小さく、面接官の表情が読み取れないため、PCやノートPCで受けることをおすすめです。ただし、PCを選択するなら、カメラが付いていないのでwebカメラの購入が事前に必要となります。

※スマホではなく、携帯電話はweb面接アプリが起動しないので使えません。

場所(背景)の選択

カーテン

web面接はほとんど自宅で行うのですが、一番悩むのがどの場所で受けるかです。映る背景でプライベート感がでるからです。

友達ならまだしも面接官に部屋の中を見られるのは気持ちのいいことではありません。

通信機種でパソコンを選択すると自由に場所を選ぶことが難しくなります。その点、ノートPCやスマホは背景をどこにするか選ぶことができるのです。

おすすめの背景は白い壁、明るめのカーテンをバックにすれば、プライベート感はでません。バックの色が白いとコントラストの影響で顔の表情が明るく見えます。

※背景にフィギュアやポスター、ぬいぐるみが映ると面接官に変な先入観を持たれるので注意してください。

>>【web面接】背景はどこにすればいいの?面接官が教える適切な場所5つ

無線、有線LANの選択

自宅や実家だと無線LANルータを設置しています。家の中ならリビングや自分の部屋でスマホ、ノートPCを自由に移動することができます。

ただし、無線LANだとルーターの位置から遠いと電波が弱くなります。特に1階にルーターがあり、2階に自分の部屋がある場合は電波が弱くなる場合があるのです。

電波が不安定になると画面がフリーズしたり、音声が途切れ途切れになるのです。そうなれば、慌てて面接どころではない精神状況になります。

有線LANがあるなら、電波が安定するのでなるべく使いましょう。

イヤホンマイク使用の選択

イヤホンマイク

イヤホンマイクを使うと面接官の声が格段に聞き取りやすくなります。あなたの声をクリアに面接官へ伝えることができるのです。また、雑音を抑制する機能が搭載されています。

ただし、イヤホンマイクがなくてもweb面接でやりとりはできます。私は会議で常時使用していますが、あるのとないとでは雲泥の差があります。格段に相手の声を聞き取れるようになるからです。

私がweb面接しているときの利用状況は10人中9人はイヤホンマイクもしくはヘッドセットを使用しています。

>>web面接で使えるイヤホンマイク【おすすめ5選】

カンペ使用の選択

カンニングペーパーを使用するか、しないのかを選択する必要があります。カンペといっても回答を一字一句を書き写すわけではありません。

ゆっくり話す、カメラ目線、笑顔をわすれないなどの注意事項を記入するのです。自分の悪い癖を書いておけば、途中で戒めることができます。]

また、志望動機、自己PR、ガクチカで必ず言いたいフレーズを書いておくのです。緊張すると飛ばしてしまいますからね。言い忘れないためのカンペなのです。

何度も練習し、面接に自信があれば、使う必要はありません。

対面面接ではカンペが絶対に使えませんが、web面接では使うことが可能です。面接官の私が言うのも何なんですが、カンペはweb面接最大の武器といえるでしょう。

>>大きな声では言えないがweb面接でカンペがありな理由【面接官回答】

他にあると助かるもの

上記以外であれば、助かるものがあります。web面接の環境をよくするアイテムがあるのです。

スマホスタンド

スマホスタンド

機種をスマホに選択したなら、スマホスタンドがあると便利です。ほとんどの人が机の上に置き、ペンケースや本を利用して、角度だけ調整しています。

そうなると高さが足りず、見下ろすように映ってしまいます。面接官からは下から見上げたように映るのです。そこで高さ調整できるスマホスタンドあれば便利なのです。

<スマホスタンドの特徴>

・途中でズレることなく、しっかり固定ができる

・表情をよく見えるよう角度調整ができる

・目線をあわせるために高さ調整できる

高さがあるとカメラ目線にしなくても目線があっているように見えます。カメラ位置の高さは座った時の目線よりやや下になるぐらいが丁度よいです。

そうすれば、面接官からの印象が大きく変わります。

>>【Web面接で印象アップ!】スマホスタンド(卓上&三脚)おすすめ5選

スタンドライト

スタンドライト

スタンドライトの光を浴びれば、表情がはっきり映り、健康的な表情に見えます。

芸能人がスポットライトを顔に当てているのは、健康的で明るく、若々しく見せるためです。好感度が重要ですからね。

<スタンドライトの特徴>

顔の表情が相手から見えやすくなる

顔の表情が健康的で明るく見える

画面全体の照度が上がる

肉眼では部屋の中は明るく見えますが、webを介するとやや暗く映ります。スタンドライトがなければ、昼間でも電気をつけるようにしてください。

面接官に顔の表情をしっかり見せる方が、リアクションがよくわかるため評価につながるのです。

>>【web面接で簡単に印象アップ】照明器具(スタンドライト)おすすめ5選

はれきち

微笑んだり、相づちを
うったりと表情は豊かに
した方がよいです

ヘッドセット

ヘッドセット

イヤホンマイクをする人がほとんどですが、ヘッドセットを利用しても構いません。

効果はイヤホンマイクと同じですが、耳の中にイヤホンを入れるのが苦手、あるいは長時間入れていると痛くなる人はヘッドセットがおすすめです。

<イヤホンマイクとの違い>

イヤホンを耳の中に入れないので長時間でも楽

マイクが口元にあるので、よりクリアに伝えられる

私が面接している時のイヤホンマイクとヘッドセットの割合ですが、80%と20%ぐらいです。差は大きいですが、以前よりヘッドセットが増えてきている印象です。

>>【2021年度版】web面接で使えるヘッドセットおすすめ5選




まとめ

web面接にのぞむにはスマホとリクルートスーツがあれば、最低限の条件はクリアできます。ただし、それだけではよい印象を面接官に与えることはできません。

準備段階でいくつか決めないといけないことがあります。「通信機器の選択」、「場所(背景)の選択」、「有線・無線LANの選択」、「イヤホンマイク使用の選択」、「カンペ使用の選択」なのです。

いずれもweb面接直前で決めることはできないため、余裕をもって準備する必要があります。相手からどのように見られるか、しっかり意識して予行演習にのぞんでください。

本番にのぞみしっくりこなければ、選択を変えればよいのです。初心者は失敗して当然なので、よりよいweb面接の環境を目指していきましょう。

~特徴ある就活サイト3選~

レバテックルーキー

・新卒でITエンジニア目指したい

理系ナビ

・研究職やITに強く、インターンが情報充実

JobSpring(文系女子に強い)

・紹介は3~4件のみ、早期離職0.1%の実績

登録し忘れてませんか?逆求人サイト

<👑人気ランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数8,106社でNO.1

・4年連続学生利用率NO.1

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

✅学生登録者数伸び率NO.1

<web面接アクセサリー>

Posted by はれきち