【web面接】パソコン買うならノートPCが断然いい!おすすめ5選

2021年2月25日

この先、オンライン面接やグループディスカッション、インターンが控えるタイミングでパソコン購入を考えるなら断然ノートPCがおすすめです。

スマホやタブレットでもオンライン面接を受けれますが、映り方便利さを考えるとノートPCが最適なのです。

私は大手企業の新卒・中途採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」と申します。

採用する側の立場として、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています(Twitter版はこちら)。

今まで何百人とweb面接をしましたが、スマホより断然ノートパソコンの方が使いやすかったのです。

この記事でわかること

  • web面接はスマホよりノートPCが使いやすい
  • 映り方はスマホよりノートPCが断然よい
  • 画面大きいのでスマホよりGD、GWに適している
  • ノートPCはwebカメラの購入が不要
  • おすすめノートPCを5つ紹介

会社説明会、web面接、インターンはwebが主流となっています。

スマホでも対応できますが、これを機にノートPCに買い替えれば必ずよい選択となるでしょう。

はれきちの合格レシピ

ノートPCのカメラ位置(高さ)はweb面接に最適!

web面接はスマホよりノートPCが使いやすい

今や面接だけでなく、インターン、会社説明会もすっかりオンラインが定着しています。

誰もが持っているスマホで対応は可能です。

でも、やってみるとわかるのですがパソコンに比べ、スマホだと明らかに使いにくい。

web会議で何度かスマホを利用したんですが、ノートPCに慣れているせいか、画面が小さく、ほんと見にくかったです。

特に複数人との会話は表情が見づらく、改めてノートPCのよさを再確認できました。

<ノートPCの利点>

・処理能力が高い

・画面が大きい

・カメラ位置の高さが最適

処理能力が高い

パソコン(ノートPC含む)とスマホではまず処理能力が全然違います。

スマホは小型化と省エネに特化しているので、搭載できるCPU(性能)が限られます。

わかりやすくいうとスポーツカーとエコカーの違いです。

スピードを求めるならパソコンで燃費を求めるならスマホなのです。

パソコンは面接アプリを読み込む速度が全然違います。

面接アプリは企業側がZoom、skype、インタビューメーカーなどを指定するので選べません。

それぞれのアプリは事前にダウンロードが必要になります。

スマホは空き容量も少ないですが、パソコンやノートPCは全く問題ないです。

画面が大きい

1対1であれば、まだスマホで対応できますが、グループワーク、グループディスカッションとなると画面が小さすぎて、誰が何を話しているかわかりません。

オンラインの便利さがわかったので、グループディスカッションをwebで行う企業が増えています。

よって誰が何を言っているのか、しっかり把握しなければなりません。

その点、パソコンやノートPCは画面が大きくて、面接官や相手の表情がよく見えます。

カメラの位置(高さ)が最適

スマホを使用するなら、スマホスタンドを使用し、角度や高さ調整をしなければなりませんが、ノートPCなら一切不要です。

カメラ位置が目線よりやや下で最適な場所にあるので、印象よく映ることができます。

画面の中で、顔が大きくなく、かといって小さくもなく、丁度良いバランスで映ることができます。

私はこのポインがノートPC最大の武器だと考えています。

二次元なので映り方で第一印象がよくもなり、悪くもなるのです。

スマホを机に置いてweb面接すると必ず話すとき、顔が下向きになるのです。

カメラ位置が低いと目線が落ちるので消極的な印象に映るのです。

そのためスマホであれば、スマホスタンドを利用して、高さ調整をしなければなりません。

パソコンであれば、webカメラの購入が必要ですが、ノートPCはカメラが内臓され、丁度よいカメラ位置なので問題ありません。

パソコンよりノートPCの方が使い勝手がよい

スマホよりパソコンの方が使い勝手がよいことはわかったと思います。

そのパソコンよりノートPCの方が優れている点があります。

・面接場所を自由に決めれる

・webカメラを購入しなくてよい

・場所を取らず、持ち運べる

web面接をする際は、背景に気を配らなければなりません。

プライベート感がでる洗濯物、ポスター、フィギュア、ぬいぐるみはダメです。

無地の壁、カーテンを背にされると見栄えがよいです。

このように場所を自由に決められる利点があります。

ノートPCは配線コードがスッキリしているので掃除も楽で、場所も取りません。

また、持ち運びができるのでスタバ、マクドナルド、ファミレスなどで作業もできちゃいます。

ノートパソコン購入のポイント

web面接やインターンで役立つノートパソコンはどこに気をつけて購入すればよいのでしょうか?

カメラ付きを選択する

最新のノートPCはほとんどカメラはついていますが、古いタイプはついていません。

また、安く済ませようと中古のノートPCを購入するとカメラなしタイプがあるので注意してください。

カメラ性能は720p以上

カメラ性能が高いほど映像がきれいに映ります。

720pはハイビジョン画質で1080pはフルハイビジョン画質となります。

ちなみに360pはDVDと同等の画面解像度となります。

解像度が高くなれば明るくきれいに映ります。

画面サイズは15インチ以上

ノートパソコンでもモバイルサイズでは少々画面が小さいです。

できれば、見やすい15インチ以上ほしいです。

持ち運び考えるなら、15インチ前後の画面がよいでしょう。

価格は5万~8万で十分

お金を出せばもっと性能がよいものを購入できます。

しかし、web面接で利用する、プライベートでYouTubeが見れたり、ネットゲームができる性能で十分なのです。

今はコスパのよいノートPCがたくさんあります。

理想はスマホと一緒で3~4年後に購入ですね。

よってハイパフォーマンスPCは不要です。

ノートパソコンおすすめ5選

就活で活用したり、web面接で利用するのにおすすめの機種を紹介いたします。

ヒューレット・パッカード(HP)(型番:2Z189PA-AAAA)

アメリカが本社のHPは日本でもすっかり定着しています。

格安のパソコンの代表格と言えます。2019年のPC国内販売シェアNO.1を獲得しました。

CPUの性能はずば抜けています。メモリー8GBと申し分ありません。

web面接以外にも用途が広がるハイパフォーマンスの機種です。

納期はLenovoやDellより短めです。

ハイスペック重視だが、価格も気にしたい人向けです。

  • おすすめ度   ★★★★★
  • パフォーマンス ★★★★★ 
  • コスト     ★★★★★

  • OS Windows10 Home
  • CPU Corei5-1035G1 (3.6 GHz)
  • メモリ 8GB
  • 容量 258GB(SSD)
  • 色 ピュアホワイト、他3種類
  • サイズ 15.6インチ
  • カメラ 1920×1080 Pixels
  • 重量 3㎏

Lenovo IdeaPad (型番:81LW00DHJP)

香港に本社があるLenovoですが、日本ではIBMのThinkPadの方が有名です。

IBMのPC部門を買収したのがLenovoで、もはや世界ブランドとなっています。

法人企業では今も高いシェアを占め、セキュリティに強いのが特徴です。

会社のノートPCとして使用していますが、使い勝手はよいです。

パフォーマンスが高いのでちょっとした画像編集もできます。

安すぎず高すぎず、コスパを重視したい人向けです。

  • おすすめ度   ★★★
  • パフォーマンス ★★★★★ 
  • コスト     ★★★★

  • OS Windows10 Home
  • CPU Ryzen5(2.1GHz)
  • メモリ 8GB
  • 容量 256GB(SSD)
  • 色 ブリザードホワイト
  • サイズ 15.6インチ
  • カメラ 1920×1080p Pixels
  • 重量 2.6㎏

Dell ノートパソコン Inspiron 15 3593

アメリカに本社を置く世界屈指のDellは、在庫を持たず注文を受けて製品を作る受注生産によって急成長した会社です。

日本でも格安パソコンの代表格となっています。

仕事やプライベートと両方に使える機種です。

動画コンテンツを楽しんだり、映画鑑賞など動画もスムーズです。

価格を重視している人向けです。

  • おすすめ度   ★★★★★
  • パフォーマンス ★★★★★ 
  • コスト     ★★★★★

  • OS Windows10 Home
  • CPU Core i3-1005G1(1.2GHz)
  • メモリ 4GB
  • HDD 256G
  • 色 ブラックもしくはホワイト
  • サイズ 15.6インチ
  • カメラ 1920×1080p Pixels
  • 重要 2.78㎏

GM-JAPAN (型番:GLM-15-256-P)

2010年に創業したグローバル商事がオリジナル製造販売しているGM-JAPANシリーズです。

何といってもコスパが魅力で、最近はAmazonでかなり売り上げを伸ばしていますね。

注目のGLMシリーズです。何といってもコストが安いにつきます。それでいて日本企業ということも評価できますよね。

初心者向けで、コスト重視ならこちらです。

  • おすすめ度   ★★★★
  • パフォーマンス ★★★★★ 
  • コスト     ★★★★★

  • OS Windows10 Pro
  • CPU Celeron(1.1 GHz)
  • メモリ 8GB
  • HDD 256G
  • 色 グレー
  • サイズ 15.6インチ
  • カメラ 1080p Full HD Pixels
  • 重量 1.87㎏
  • 付属 WPS Office

NEC LAVIE (型番:PC-SN18CNTDF-D)

日本メーカーの代表格NECのLAVIEシリーズです。

何といっても馴染みがあるので安心感がありますよね。

最近はPC部門がLenovoと共同会社になったので、価格面でもメリットでています。

音と映像にこだわった初心者向けノートPCです。

安心感、使いやすさ、快適を求めるなら丁度よいですね。

Microsoft officeがついてこの値段は安いです。

メジャーブランドで安心感を求めたい人向けです。

  • おすすめ度   ★★★★★
  • パフォーマンス ★★★★★ 
  • コスト     ★★★

  • OS Windows10 Pro
  • CPU Celeron 4205U(1.8GHz)
  • メモリ 4GB
  • HDD 1TB
  • 色 カームレッドもしくはホワイト
  • サイズ 15.6インチ
  • カメラ 1366×768 Pixels
  • 重量 2.2㎏
  • 付属 Microsoft Office Home and Business 2019搭載

まとめ

web面接やインターンのタイミングでパソコンを検討しているなら、ノートPCが断然おすすめです。

インターンではwebでグループワーク導入している企業が多いので、スマホだと画面が小さくわかりづらいためです。

web面接でノートPCを利用するとカメラ位置の高さは丁度よいので、映り方がきれいです。

ノートPCであれば家のどの場所でも面接することができるので、背景のよい所を選ぶことができます。

ノートPCのカメラは性能がよく、おすすめを購入すれば困ることはありません。

また、容量は全く問題ないので、複数の面接アプリを導入しても不都合はありません。

価格は安くても十分対処できるので安心してください。

Posted by はれきち