【web面接】背景はどこにすればいいの?面接官が教える適切な場所5つ

web面接背景

オンライン面接の準備をいざ始めるときに一番最初に困るのが「背景をどこにするか」です。できることなら部屋の中を見られなくて、きれいに映るところがいいですよね。

プライベート感を見せないようにするには、どこを背景にすればよいのでしょうか?

あなたのイメージを損なわず、先入観持たれない背景を探したいですよね。

また、面接アプリは「バーチャル背景」や「ぼかしが設定」できますが、使ってよいのでしょうか?

私は大手企業の新卒・中途採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」と申します。

採用する側の立場として、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています(Twitter版はこちら)。

この記事でわかること
  • 白い壁を背景にすると清潔感がでる
  • 白い布を使うとプライベートは見られない
  • バーチャル背景は使わない方が無難
  • 太陽光を背に浴びると顔が真っ黒に見える
  • ライトで明るさが増すと健康的に映る

背景を白い壁、無地の明るい色にすると明るい人柄に見えます。

web面接で面接官の第一印象がよくなれば、合格にグッと近づくことができます。

はれきちの合格レシピ

ライトを有効に使えば、さらに顔色がよくなり印象がアップする

【初心者向け】まず、web面接の事前準備~面接終了までの流れを把握したい人はこちらから

【WEB面接の流れ】初心者でも簡単にわかるやり方とコツ【まとめ】

                    




~内定率が高い就活サイト3選~

ハローナビ就活(内定率95%)

・書類選考なし、座談形式

JHR就職エージェント(内定率92%)

・紹介企業5000件、最短1週間で内定

JobSpring(内定率91.7%)

・紹介は3~4件、早期離職0.1%の実績

web面接の背景が印象に与える影響

オンライン面接背景

web面接の背景はどこでもいいわけではありません。初対面の面接官に変な印象がつかないように気を配る必要があります。

面接官は視覚から入ってくる情報でまず第一印象を決めます。見た目だけで、明るい、暗い、清潔感がある、真面目、気が弱い、意志が強いなどを判断するのです。

例えば、部屋の中が汚いと『不潔・ガサツ・ずぼら』なイメージを面接前から持ってしまうのです。

そうなったら損ですよね。

なので背景は印象づける要素を含んでいると言えます。壁の色が明るいと表情が明るく見えるし、逆に暗い色だと表情を普通にしていても曇ったように見えるのです。

また、背景の部屋の中にポスターやフィギュアが映っていると「そういう趣味があるのね」と先入観を持たれてしまいます。

そのため、背景選びはイメージをよくする重要なポイントになるのです。

はれきち

第一印象がよいと
相手の受け取り方が
変わります

面接官が教える適切な場所5つ

どこの場所を背景にしたら、『部屋の中を見られず、面接官からの印象をよくするのか』、その観点で5つ説明します。

私はこれまでオンライン面接を何百人としてきました。「印象がいいな」と思う背景もあれば、「先入観がついて離れない」ということがありました。

その中でおすすめ順に紹介いたします。

おすすめの背景

①白い壁

②カーテン

③ふすま

④クローゼット

⑤ドア、扉

白い壁

白い壁

web面接の背景として一番適しているのが白い壁です。

白をバックにすると表情が明るく見え、清潔感、さわやかさをアピールできます。

白は反射率が高く、色味をもたないのであなた自身を浮かびあがらせてくれます。

表情が豊かに見えるので、面接官に好印象を与えやすい色と言えます。

白い壁がない場合は無地の明るい壁がよいです。ただし、奇抜なデザインや色は控えましょう。

カーテン

白い壁はなくてもカーテンはどの家にも必ずありますよね。

カーテンを背景にすれば、部屋の中を見られることはありません。

特に無地で明るい色だと白色同様に清潔感、さわやかさをアピールできます。少々柄が入っていても気にならないので、利用しましょう。

ただし、黒色、濃い色は表情を暗くするので、避けましょう。また、アニメやキャラクターの柄は先入観を与えるので控えてください。

ふすま

和室があればふすまがあります。web面接を実家で受けるなら利用しやすいです。布団を入れている、荷物置き場になっているふすまの前で撮ることをおすすめします。

実家に障子があれば、そちらを利用してもよいでしょう。

ふすまは白色で無地が多く、背景として適しています。

ただし、柄が鮮やかなものは避けましょう。

クローゼット

クローゼットを閉めれば、立派な背景になります。白色、薄い茶色、シルバーなら背景として十分利用できます。当然、部屋の中を見られる心配はありません。

背景がフラットになるので、相手から表情がしっかり見やすくなります。

黒色、ダークブラウンは表情が暗く見えるので、避けた方が無難です。

扉、ドア

扉、ドアはどこの家にもあります。飾りが少なく、シンプルなので先入観がつきません。色は茶色や白が多く、派手な色の扉やドアはありません。そのため背景として適しています。

ただし、張り紙、ポスターを張っているなら取って利用しましょう。

はれきち

背景は明るい色になる
場所を探しましょう

部屋の中を見せたくない場合の対策

部屋の中

プライバシーの観点から部屋の中を見られたくないけど、デスクトップパソコンなのでどうしても移動できない。

もしくは有線LANケーブルを延ばせないので移動できない、よって部屋の中が丸見えになる場合はどうしたらよいのでしょうか?

白い布が便利です。柄入りのカーテンを隠したり、茶色の壁でも白くすることができます。

白い布で隠す

部屋を見られたくないなら、布で隠す方法があります。布で隠すと言ってもベッドや棚、オブジェに掛けるわけではありません。

カメラに映る範囲を上から白い布で垂らすのです。そうすると部屋の中は見られず、尚且つ背景が白くなるので、清潔感やさわやかさをアピールできます。

バーチャル背景を設定する

面接アプリのZoom、Skypeであればバーチャル背景が設定できます。

白い画像のみバーチャル背景はOK!

ただし、使用するのに注意点があります。

デフォルトの画像を選択すると面接に似つかわしくありません。Zoomであれば、宇宙、大きな橋、オーロラ、植物の画像があらかじめ設定されています。

これらは使用してはいけません。

あらかじめ白い壁の画像をダウンロードしておいて、使用するようにしましょう。

白い画像のバーチャル背景のみ使用可能です。白い画像以外は浮いた感じになるので、面接用として向いていません。設定に不慣れな人は使わない方が無難です。

(Zoomヘルプセンターのバーチャル背景設定はこちら

web面接でやっちゃダメな背景

これまでは適切な背景の場所を説明しましたが、やってはいけない背景があります。

カメラの設置場所が決まったら、録画して確認しましょう。

不要物が映り込む

カメラの性能が上がり、「えっ、こんな所まで映るの?」というぐらい面接官から見られています。広角レンズなので思った以上に映り込みます。

カメラの角度により部屋の汚さが、丸見えになってしまいます。

フィギュア、ぬいぐるみ、洗濯物、雑誌、食べ物、飲み物が映り込んでいないかチェックしてください。

はれきち

カメラの角度を調整して
防ぎましょう

逆光になる場所

逆光になると顔が真っ暗で表情が見えなくなります。窓際で撮るときは注意が必要です。太陽光を背にすると必ず逆光になります。

肉眼だと普通なので気づきにくいです。対策としては昼間でもカーテンを閉めましょう。そして、室内電気をつければよいのです。

そうするだけで逆光は防ぐことができます。

表情をしっかり面接官に見せることはアピールにつながるのです。

はれきち

表情が見えないのは
マイナスになります

バーチャル画像背景

部屋が汚いからといって、安易にバーチャル背景の設定を考えてはいけません。面接アプリによっては設定できないものがあります。

また、白い壁のバーチャル背景の設定はよいのですが、そのほかダウンロードした壁紙を背景にするのは止めましょう。趣味の画像や外国の風景などの設定は相手に失礼にあたります。

面接される側の立場ということを理解しましょう。

ぼかしの背景

面接アプリによって、バーチャル画像同様にぼかしの設定ができます。

自分以外の背景がすりガラスみたいにモザイクとなります。こちらは初対面の面接では不向きな設定です。こちらの機能は使わないようにしましょう。

印象よく見せる方法

印象よく見せる

白い壁、カーテンを背景設定すれば、相手からは先入観は持たれず、清潔感をアピールできます。

ここではさらに印象がよくなる方法を教えます。

①ライトで室内を明るくする

②カメラ位置を高くし目線を合わせる

③軽く口角をあげる

この3つを守るだけで、面接官からの印象が劇的によくなります。

ライトで室内を明るくする

肉眼では明るく見えても、webを介すとやや画面が暗く映ります。また、表情をしっかり見せるために照度を上げる必要があります。

理由は顔にライトをあてると健康的な表情になるのです。芸能人がスポットライトを顔にあてているはイメージアップになるからです。

>>【web面接で簡単に印象アップ】照明器具(スタンドライト)おすすめ5選

カメラ位置を高くし目線を合わせる

今まで何百人と見てきましたが、みんなカメラ位置が低いです。回答するとき、目線が常に下向きになっています。そのため目力が弱くなり、自信なく聞こえるのです。

パソコン、ノートPCはカメラ位置が高くなるので問題ないですが、スマホを利用する場合はスマホスタンドで高さを確保しましょう。

高さ調整すれば、話すときに無理してカメラを見なくても必然とカメラ目線になります。

>>【Web面接で印象アップ!】スマホスタンド(卓上&三脚)おすすめ5選

軽く口角をあげる

面接をすると緊張から顔がこわばります。瞬きの回数は増えるし、声は出にくくなります。誰でも緊張するのでしょうがないですが、ほぐして尚且つ印象がよくなる方法があります。

それは軽く口角をあげることです。楽しいときの顔の状態になります。

キャビンアテンダントは常に口角をあがっているので印象がいいですよね。

同じような効果を与えます。

はれきち

この3つを守るだけで
イメージアップ




まとめ

web面接で背景設定をする際、適切な場所は白い壁、カーテン、ふすま、クローゼット、ドアがよいです。特に白い壁は清潔感、さわやかさをアピールでき、表情を浮かびあがらせてくれます。

プライベートな部屋を見せたくない場合は白い布を垂らすと防ぐことができます。

ZoomやSkypeはバーチャル背景を設定する場合は白い壁にしましょう。その他の壁紙は面接に適していないので使用は控えてください。

ライトをつけ室内を明るくし、カメラ位置を高くすればさらに印象をよくすることができます。尚且つ口角をあげれば、第一印象がよくなること間違いなしです。

よく読まれている記事
よく読まれている記事

✅オファー型(逆求人)サイトおすすめ5選


✅就活本おすすめ10選


✅web面接アクセサリー

Posted by はれきち