【2021年度版】web面接で使えるヘッドセットおすすめ5選

2020年9月3日

ヘッドセット

今や面接、説明会、インターンシップと全てオンラインで行う企業が増えています。

その際、ヘッドセットやイヤホンマイクをweb面接で使用してよいのか、それとも失礼にあたるので止めた方がよいのか悩みますよね。

また、購入するならどんなポイントに注意すればよいのでしょうか?

私は大手企業の新卒・中途採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」と申します。

採用する側の立場として、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています(Twitter版はこちら)。

この記事でわかること
  • web面接でヘッドセット、イヤホンマイクは使用した方がよい
  • ヘッドセットを使用するメリット
  • ヘッドセット以外の方法
  • 購入時に気を付けるポイント
  • おすすめのヘッドセット5つ

ヘッドセットはイヤホンマイクと異なり、耳の中にイヤホンを入れないので、長時間しても疲れにくいです。

web面接でヘッドセットやイヤホンマイクは使用した方がよい

ヘッドセットやイヤホンマイクは、スマホやパソコン、ノートパソコン、タブレットに接続して相手と会話することができます。

マイクとイヤホンが一体化になっているので、使用しない場合より会話がクリアでスムーズになります。

先に言っておきますが、ヘッドセットやイヤホンマイクなしでもweb面接はできます。

PCやスマホから聞こえる音より、ヘッドセットを使用した方が面接官の声が断然聞き取りやすくなります。

また、自分の声を相手へクリアに伝えることができます。

よく言われるのが、面接で使用するとダメだとか、失礼にあたるとかそういったことは全くありません。

むしろ使用している方が「知識があるな、準備してるな」と思っています。

ただし、注意点があります。

派手な色、ゲームで使用するような奇抜で大きなヘッドセットは敬遠されます。

はれきち

年々使用する人が増えています


ヘッドセットを使用するメリット

《使用するメリット》
①面接官の声が聞きやすい
②あなたの声が面接官に伝わりやすい
③通話中のノイズやハウリングが軽減する
④音量調整がしやすい

⑤長時間使用しても疲れにく

面接の声が聞きやすい

面接官は声の大きい人、小さい人、ハキハキ話す人、聞き取りにくい人と様々です。

聞き取りにくい場合は友達なら気軽に注意できますが、面接官には難しいです。

ヘッドセットを使用すると、面接官の声が直接耳に入るので聞き取りやすくなります。


あなたの声が面接官に伝わりやすい

小さな声やぼそぼそ話すタイプは面接官が聞き取りにくくなります。

口元にマイクがあるので、使用すれば自分の声をクリアに伝えることができます。


通話中のノイズやハウリングが軽減する

窓を開けていると、電車、車、子供の声を拾う場合があります。

ヘッドセットを使用すると外の雑音が入りにくいです。

それは、雑音を遮断するノイズキャンセリング機能がついているからです。

また、ハウリングもおきにくくなります。

パソコンやノートパソコンを使用していると、モーター音(ファン)を拾ってしまいやすいです。

使用するとそういったノイズを軽減することができます。


音量調整がしやすい

面接中に面接官の声が小さいなと思ったときに音量をすぐに手元で調整ができます。

音量を上げたいと思ってもスマホだと固定しているので難しいです。

手元に音量調節があると微調整がしやすいです。

長時間使用しても疲れにくい

イヤホンマイクのようにイヤホンを直接耳の中に入れないので、長時間使用しても疲れにくいです。

私も最初はイヤホンマイクを使用していたのですが、web会議、面接と長時間使用するのでヘッドセットに変えました。

面接で使用すると短いですが、インターンのグループワークだと長時間使用することになります。

疲れ方も変わるのでヘッドセットはおすすめです。

はれきち

ヘッドセットを使用すると
音質が格段に上がりますね


ヘッドセット以外の方法

ヘッドセット以外でweb面接を円滑にする方法はイヤホンマイク、スピーカーフォンタイプがあります。

イヤホンマイクはweb面接で一番使われているメジャーなアイテムです。

ヘッドセットに比べ、イヤホンを直接耳の中に入れるのでフィット感がいいです。

首を振ってもズレることはありません。

>>web面接で使えるイヤホンマイク【おすすめ5選】

スピーカーフォン(マイクスピーカー)は大人数で参加するときに使われます。

ただ、イヤホンを耳に入れるのが苦手、ふさぎたくないなら、一人でもつかえるのでおすすめです。

長時間使用しても疲れないのがいいですね。

>>【現役面接官が教える】web面接で使えるスピーカーフォンおすすめ5選

購入のポイント

購入する際、5つのポイントがありますので注意してください。

《購入時の注意点》
①無線より有線タイプを選ぶ
②マイク付きを選ぶ
③色は黒かグレー、派手なものは避ける

④ノイズキャンセリング機能を選ぶ
機種の差込口の形状を確認する

無線より有線タイプを選ぶ

web面接で一番多いトラブルは通信障害なのです。

無線より有線を使用する方がトラブルは少ないです。

有線なので事前に充電する必要もありません。

webにつないだ時に音声だけが聞こえないトラブルはほとんどBluetoothが影響しています。

マイク付きを選ぶ

マイクがないと音楽を聴くヘッドホンタイプになります。

マイクがついていることが最大の特徴なので間違えないでください。

購入時はマイクが必ずついているか確認してください。

色は黒かグレー、派手なものは避ける

いろんな色があります。

プライベートなら赤、青、緑色の入ったヘッドセットでもよいです。

しかし、面接なので黒かグレー色で望みましょう。

蛍光色や奇抜なヘッドセットを使用すると面接官は会話よりそっちが気になってしまいます。

ノイズキャンセリング機能を選ぶ

ノイズキャンセリング機能とは雑音を抑制し、あなたの声だけを引き立たせてくれます。

この機能があると面接官はあなたの声をはっきり聞き取ることができます。

ただし、ヘッドセットの品質が高く、室内の遮音性が高ければ不要です。

機種の差込口の形状を確認する

有線を買っても機種の差込口の形状が合わなければ使用できません。

USBポートなのか3.5mmプラグなのか確認が必要です。

パソコン、ノートパソコンを使用するならUSBや3.5mmプラグの両方可能ですが、スマホなら3.5mmプラグになります。

特にスマホでiPhone7以降はイヤホンジャックがないので注意してください。

無線タイプにするか、有線だとヘッドフォンジャックアダプタの購入が必要になります。

はれきち

差込口はUSBか3.5mmプラグの
どちらかを選択

ヘッドセットおすすめ5選

ヘッドセットでおすすめの5つを紹介します。

使い勝手、性能、コストでおすすめ度を評価しています。

ロジクール ヘッドセット H111R

おすすめ度:★★★★★

接続:3.5mmプラグ

有線:〇

ノイズキャンセリング機能:〇

ボリュームコントロール:×

保証期間:2年間

一番ベーシックでシンプルなヘッドセットです。

パソコン、ノートPC、スマホに対応しています。

最低限の機能のため価格が安いのが特徴です。

でも、この価格でノイズキャンセルがついて2年間保証なのはさすがロジクールです。



ロジクール ヘッドセット H340R

おすすめ度:★★★★

接続:USB

有線:〇

ノイズキャンセリング機能:〇

ボリュームコントロール:×

保証期間:2年間

定番のヘッドセットと言えます。

スイベルマウント式フォームイヤークッションを採用しているので長時間もラクです。

差込口がUSBなのでスマホに対応していません。

2年保証はありがたいです。



ロジクール ヘッドセット H540R

おすすめ度:★★★★

接続:USB

有線:〇

ノイズキャンセリング機能:〇

ボリュームコントロール:〇

保証期間:2年間

ロジクールなので音質がよく、音量調節も可能です。

イヤーパッドがレザー調で高級感があります。

ヘッドセットの上位グレードになります。

ただし、差込口がUSBなのでスマホに対応していません。



Arama ヘッドセット A802MP

おすすめ度:★★★★★

接続:3.5mmプラグ

有線:〇

ノイズキャンセリング機能:〇

ボリュームコントロール:〇

保証期間:1年間 45日以内返金保証

人間工学設計に基づいているので、頭の大きさに合わせて伸縮がしやすく、軽くて装着感がよい。

透明度の高い澄みきった音声で会話が可能です。

パソコンだけでなく、スマホにも対応しています。

返金保証付きなので安心です。



エレコム ヘッドセット HS-NB05USV

おすすめ度:★★★★★

接続:USB

有線:〇

ノイズキャンセリング機能:×

ボリュームコントロール:〇

保証期間:6ヶ月

重さが約50gでとにかく軽い。

ネックバンドタイプが特徴で髪型が乱れません。

ただし、メガネを付けている人はやりにくいです。



おまけ

Apple Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

iPhone7以降で有線ヘッドセットを使用する人は必須です。



まとめ

web面接でヘッドセットを使用すると会話がクリアに聞こえ、スムーズに展開できます。

無線ではなく有線の方が通信トラブルが少ないです。

ただし、ゲームで使用するような派手で奇抜なヘッドセットは避けましょう。

ヘッドセットとイヤホンマイクのどちらにするか悩んでいる人はマイクの感度はヘッドセットに軍配が上がります。

見た目を気にするならイヤホンマイクの方が無難です。

<web面接アクセサリー>

Posted by はれきち