【現役面接官が教える】web面接で使えるスピーカーフォンおすすめ5選

2021年3月9日

web面接で使用するのはイヤホンマイク、ヘッドセットだけではありません。

どうも耳をふさぐのが苦手、マイクが服にすれるのが嫌だ、あるいは見た目がダサいと感じてませんか?

そう思うならスピーカーフォン(マイクスピーカー)を使用するとよいです。

面接官からは、何も機器を使っていないようにスッキリ見えます。

それでいてあなたの声はマイクがしっかり拾い、面接官の声はスピーカーからハッキリ聞こえます。

私は大手企業の新卒採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」です。採用側の立場として、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています。

この記事で分かること
  • スピーカーフォンはひとりでも使用できる
  • イヤホンで耳をふさぐのが苦手な人向け
  • 使用すれば見た目がスッキリ
  • 購入時に気を付けるポイント
  • おすすめ5選

イヤホンマイクを使うのが主流ですが、他のものを使用しても全く問題ありません。

機器は使用した方が圧倒的に面接環境がよくなります。

はれきちの合格レシピ

スピーカーフォンは長時間使用しても耳への負担が少ない

スピーカーフォンはweb面接で使える

オンライン面接でイヤホンマイクやヘッドセットがメインに使われています。使用すると面接官の声が聞き取りやすく、自分の声をクリアに伝えることができます。

スピーカーフォンはマイクスピーカーとも呼ばれ、主に複数人が参加するweb会議やweb勉強会で使用されます。

<ひとりでweb参加>

イヤホンマイク、ヘッドセット

<複数人でweb参加>

スピーカーフォン(マイクスピーカー)

通常、複数人で参加するときは自分の声を隣の人のマイクが拾うのでハウリングします。それを防ぐためにスピーカーフォンが使用されます。

web面接はひとりで参加しますが、スピーカーフォンを使用しても全く問題ありません。

スピーカーフォンの特徴

スピーカーフォンはイヤホンマイクと比べてどうなのでしょうか?

集音マイクの性能がよい

マイクから2~3m離れていても、集音性が高いのでしっかり音を拾ってくれます。

マイク性能がよいので、口元にマイクを近づけなくても十分伝わります。

雑音を防ぐことができる

イヤホンマイクでもノイズキャンセリング機能がついているものはありますが、まだまだ少ないです。

スピーカーフォンは集音性が高いので雑音も拾いやすいように思われますが、ほとんどの機種でノイズを除去してくれるノイズキャンセリング機能がついています。

面接中はパソコンのモーター音や電車や車のエンジン音がよく聞こえるのです。

スピーカー性能がよい

スピーカーの大きさが違うので、卓越した音声を繰り広げてくれます。

一般的にスピーカーが大きいほど拡散性が高いので聞きやすいです。

耳に負担が少ない

短時間だとわかりにくいですが、インターンでグループワーク、グループデスカッションでイヤホンマイクを使用すると耳が疲れます。

これは直接耳に音をずっと流し続けているためです。

その点、スピーカーフォンは耳への負担が少ないので疲れません。

はれきち

イヤホンマイクより
マイク性能が高い

スピーカーフォンを使うメリット

・耳をイヤホンでふさがなくてよい

・服でこすれる音が入らない

・見た目がスッキリ

耳をイヤホンでふさがなくてよい

web面接でスピーカーフォンを使用するとイヤホンマイクで耳をふさがなくてすみます。

イヤホンは長時間していると耳がかゆくなったり、耳が疲れやすくなります。

苦手意識があると集中できません。その点、スピーカーフォンは長時間使用しても耳への負担はほとんどありません。

服にすれる音が入らない

イヤホンマイクを使用するとどうしてもマイクの部分が服の襟元にすれ、「カサッ、カサッ」と音が出てしまいます。

スピーカーフォンは固定されているので物と接触して、すれることはありません。

見た目がスッキリ

ヘッドセットを使用すると髪型がくずれたり、あるいは見た目がちょっとイケてないのでもっとかっこよく、あるいはかわいく見せたいですよね。

かといって機器を使用しないと面接官の声が聞き取りにくくなりますから。

何も装着しないので、いつもの感じで面接ができます。

購入のポイント(選び方)

では購入する際にどんな点について気を付けたらよいのでしょうか?

選び方

・ノイズキャンセリング機能付き

・エコーキャンセリング機能付き

・オートゲインコントロール機能付き

・集音半径は小さくても十分

・有線タイプに対応

・高機能な機種は不要

ノイズキャンセリング機能付き

スピーカーフォンは集音性が高いマイクなので雑音も拾いやすくなります。でもノイズキャンセリング機能が付いていれば、その心配はいりません。

家でweb面接をしていると外から電車の音、子供の声、犬の鳴き声などが聞こえます。このような雑音を遮断してくれます。

ほとんどの機種には付いていますが、確認しましょう。

エコーキャンセリング機能付き

web会議や面接で問題になりやすいのがエコーです。エコーがひどくて聞きづらい、二重に聞こえる、ハウリングすることがあります。

これらを防止するのがエコーキャンセリング機能です。

複数人が参加するなら必須ですが、ひとりであればそこまで大きな問題になりません。

オートゲインコントロール機能付き

なかなか聞きなれない言葉ですが、わかりやすくいうと「マイクからの距離に関係なく音量を自動調整」してくれます。

普通は同じ音量ならマイクに近いと大きな声になり、遠くだと小さい声になりますよね。

距離に関係なく近くても遠くてもいい具合に自動調整してくれる便利な機能なのです。

例え、声が小さくても相手には丁度よい音量に補正してくれるのです。

web面接はひとりなので自分の近くに置けるので、音が小さくなることはありません。

イヤホンマイクはマイクに近いほど大きな声になります。

集音半径は小さくても十分

大人数で会議するのではないので、集音マイクの範囲は小さくても十分です。

web面接ではカメラとの距離はどんなに離れても1mぐらいですからね。

有線タイプに対応

有線タイプと無線のBluetoothタイプがあります。

web面接では無線を使うと面接アプリとの相性で、つながらない場合があります。

そうなれば、一旦リセットし再度調整しなければなりません。

USBやBluetoothの両方が使えるならUSBの有線を選択しましょう。

パソコン、ノートPCを使用するなら有線にして使用すれば、不具合がでにくいです。

また、充電もされるので途中で切れる心配はありません。

高機能な機種は不要

会社で使うなら高機能な機種を買ってもよいですが、個人で所有するなら最低限の機能がそろっていれば十分です。

高機能になれば、金額もその分高くなりますから。

スピーカーフォンおすすめ5

Anker PowerConf スピーカーフォン

モバイルバッテリー、急速充電器で有名なAnkerのスピーカーフォンです。

「Zoomミーティングの公式認証」を取得しているため品質は問題ありません。

6つの全指向性マイクを搭載しているのでどの場所にいても声を拾ってくれます。

デザイン性に優れ、見た目もカッコよいです。

私の会社でweb会議、web面接とオールマイティーに使用しています。

さすがに充電器メーカーだけあって一度の充電で24時間使用できるのはすごいです。

おすすめ度:★★★★

 性 能 :★★★★

 価 格 :★★★★★

  • ノイズキャンセリング機能:〇
  • エコーキャンセリング機能:〇
  • オートゲインコントロール:〇
  • USB-C & USB-A ケーブル付き
  • 12.4 x 12.3 x 2.99 cm: 340 g
  • 保証期間:18ヶ月(最大24ヶ月)

Kaysuda スピーカーフォン SP200U

Kaysuda techはスピーカーフォンや顔認証機能付きのウェブカメラなどの製品を主力としています。

代表的なシリーズの新商品がSP200Uになります。

スピーカーフォンではメジャーなメーカーなので安心感はありますね。

スピーカーはHD audioステレオに使用されるものなので、かなりクリアに聞こえます。

性能と価格のバランスが良い商品と言えます。

有線オンリーなのでパソコン、ノートPC向けです。

おすすめ度:★★★★

 性 能 :★★★★

 価 格 :★★★

  • ノイズキャンセリング機能:〇
  • エコーキャンセリング機能:〇
  • オートゲインコントロール:×
  • Micro USB ケーブル付き
  • 集音範囲:半径3m
  • 12.1 x 12.1 x 3.5 cm:240 g
  • 保証期間:2年間

AoiNaka スピーカーフォン

機能がシンプルでなのにスピーカーの性能がよく、クリア通話が可能です。

クリアな音声&ノイズキャセリングで雑音を最小限に抑えてくれます。

USB対応なのでパソコン、ノートPC向けです。

何といっても値段が安く、評判がよいのでコストをかけたくない人向けです。

おすすめ度:★★★★★

 性 能 :★★★★★

 価 格 :★★★★

  • ノイズキャンセリング機能:〇
  • エコーキャンセリング機能:×
  • オートゲインコントロール:×
  • USB ケーブル付き
  • 集音範囲:3m
  • 13 x 13 x 3 cm: 220 g
  • 保証期間:12ヶ月間

Anker Soundcore mini

まず小型なので場所を取りません。5Wのオーディオドライバーとパッシブサブウーファーにより、音質はよいです。

Bluetoothだけでなく、microSDカードやAUX入力にも対応。

まさにひとりで使用するならweb面接で十分使えますね。

価格はすごく安いですが、機能性はFMラジオも聞けて、申し分ありません。

おすすめ度:★★★

 性 能 :★★★★★

 価 格 :★★★★

  • ノイズキャンセリング機能:〇
  • エコーキャンセリング機能:×
  • オートゲインコントロール:×
  • AUX&USB ケーブル付き
  • 集音範囲:0.6m
  • 6.7 x 6.7 x 6.7 cm: 215 g
  • 保証期間:18ヶ月(最大24ヶ月)

Niliuミュート機能付き全指向性マイク

直径が7㎝なので手のひらにすっぽり入ります。持ち運びが便利で場所を取りません。

ポケットに入れて持ち歩くことができます。

コード部分が2mあるのでパソコンの本体が離れていても安心です。

この価格でノイズキャンセリング機能がついているはありがたいです。

おすすめ度:★★★★★

 性 能 :★★★★★

 価 格 :★★★★

  • ノイズキャンセリング機能:〇
  • エコーキャンセリング機能:×
  • オートゲインコントロール:×
  • USB ケーブル付き
  • 集音範囲:3m
  • 本体直径70㎜、約160g
  • 保証期間:12ヶ月

まとめ

web面接はイヤホンマイク、ヘッドセットの使用が一般化していますが、スピーカーフォン(マイクスピーカー)も十分使えます。

インターンシップもオンラインで行われ、グループワークなどで長時間になることもしばしばです。

イヤホンマイクだと耳への負担が大きくなり、疲れてきます。

また、耳をふさぎたくない、かゆくなるので使用したくないなら、スピーカーフォンがおすすめです。

ひとりで使うので高機能な機種は不要です。

価格が安くてもパフォーマンスは十分な機種が多いので、しっかり見極めて購入しましょう。

登録し忘れてませんか?逆求人サイト

<👑人気ランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数8,106社でNO.1

・4年連続学生利用率NO.1

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

✅学生登録者数伸び率NO.1

✅オファー型(逆求人)サイトおすすめ5選


✅就活本おすすめ10選


✅web面接アクセサリー

Posted by はれきち