LIVE型WEB説明会時の服装や場所はどうする?【面接官回答】

2020年3月15日

web説明会

企業は人と人が対面する合同説明会からwebを中心とした企業説明会へ移行しています。

オンライン説明会だけでなく一次、二次面接さらに最終面接もwebで実施する企業があります。

web説明会は2種類あります。『録画配信型』と『LIVE配信型』です。

録画型は気を遣いませんが、ライブ配信型説明会の服装や場所はどのようにしたらよいのでしょうか?

私は大手企業の新卒・中途採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」と申します。

採用する側の立場として、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています(Twitter版はこちら)。

この記事でわかること
  • LIVE配信型は相手から見られる
  • LIVE配信型の服装はスーツで望む
  • 面接場所は自宅もしくは実家
  • 質問は直接聞くもしくはチャット
  • 上手くつながらない場合の対応

web説明会は録画型、ライブ型なのかしっかりチェックして望みましょう。

はれきちの合格レシピ

エントリー方法は昨年の説明会で確認しておこう

【初心者向け】まず、web面接の事前準備~面接終了までの流れを把握したい人はこちらから

【WEB面接の流れ】初心者でも簡単にわかるやり方とコツ【まとめ】

                    




👑就活のプロが無料でアドバイスしてくれる

早めに登録して就活を優位に進めよう!

キャリアチケット

(年間1万人のサポート実績あり、就活生の4人に1人が登録)

エンジニアの就活なら【IT求人ナビ新卒】

(求人率が高いITに特化している就活サイト)

ジョブスプリング

(大量メール来ない、入社後までサポート)

LIVE型WEB説明会とは

企業は合同説明会、セミナーの代わりにweb説明会を実施しています。

主にマイナビ、リクナビから会社説明会の予約ができます。

録画型とライブ型

WEB説明会は、2つの配信方法に別れます。

録画配信型

ライブ配信型

録画型であれば、いつでも、どこでも場所選ばず再生して見ることができます。

期限内であれば何人でも視聴できます。

一方、ライブ型は日程と時間が決められ、人数が制限されます。

例えば、

第1回 〇月〇日 13時~14時 △△名

第2回 〇月〇日 15時~16時 △△名

録画型は一方向性の動画配信なので話を聞かされる感じになります。

ライブ型はリアルタイムでつながっているのでその場の雰囲気が伝わってきます。

先着順と書類選考

申込方法は2つあります。

・先着順

・書類選考

先着順は申込が予定人員に達すれば終了となります。

いわゆる早い者勝ちになります。

もう一つは書類選考で選ばれたら説明会を受けることができます。

履歴書、エントリーシートを提出し、選考に漏れると説明会を受けることができません。

私の企業では先着順にしていますが、かなり早い段階で埋まります。

はれきち

コロナ前後で考え方が
大きく変わりましたから

やり方

申込の受付が終了すると企業担当者からオンライン説明会の案内がメールで送られてきます。

WEB説明会に参加するには専用のアプリケーションが必要ですが、準備は不要です。

担当者からZoom、Microsoft teams、インタビューメーカー、Skypeなど必要なURLが事前に送られてきます。

ライブ配信の時間10分前になったら、指定のURLから入室しましょう。

その際、ID、PASSを入力しますので、間違わないようにしてください。

時間になったらweb説明会が開始されリアルタイムで聞くことができます。

はれきち

コロナ前後で考え方が
大きく変わりましたから

LIVE型の服装はスーツ

録画型であれば、相手から見えないので、パジャマやジーンズだろうが服装は全くの自由です。

でも、ライブ型は採用担当者側から見られるので、スーツを着る必要があります。

<男性>

・リクルートスーツ(濃紺)

・ワイシャツ(白)

・ネクタイ(スタライプ柄の赤or青)

<女性>

・リクルートスーツ(濃紺)

・シャツ、ブラウス(白)

ラフなジャケットは控えましょう。

>>【web面接】服装と身だしなみマナーがダメな実例15【面接官体験】

面接アプリに入室した瞬間から、相手に見られていることを意識しましょう。

採用側は説明会なので面接ほど厳しくは見ませんが、目立つと目がどうしても留まってしまいます。

<目立つ例>

派手なジャケット、スーツを着ていない、ネクタイしていない。

髪型で言えば、茶髪、髪が長い、ボウズ、髪がボサボサ。

多数の方が普通なので、服装が派手、髪型に特徴があるとチェックされます。

◎服装について

・何も指示がない場合はスーツ

・自由でよいと言われた場合はスーツorジャケット

自由でよいと言われ、ジーンズにTシャツではダメです。

就活にふさわしい服装を心掛けましょう。

◎説明会の顔出しについて

参加人数にもよりますが、少人数だと顔出しになりますが、大人数だと顔を出さなくてもいいようにカメラOFFを指示されるかもしれません。

ただ、つなげてみないとどのくらい参加しているかわかりませんから。

音声は質問をする時にONそれ以外はOFFにしておきましょう。

独り言やため息をマイクが拾い、聞いている全員にいきわたるハメに…。

そうなれば、間違いなくアウトになります。

場所の選定

webカメラ

ライブ型の会社説明会は相手に見られるので、背景をあらかじめどこにするか決めなければなりません。

自宅、実家が一般的ですが、大学、友達の家もありでしょう。

要は静かな場所で一人の空間を確保できなければなりません。

場所選びの注意点が4つあります。

・電波状況のチェック

・スマホやパソコンの設置場所

・背景をどこにするか

・部屋の明るさ

電波チェック

オンラインで行うのでそもそも電波が弱いとフリーズして上手く映りません。

家の中でも電波の強い所、弱い所あるので確認しておきましょう。

よくあるのが、実家で家族がYouTubeやAmazonプライムを見ていて遅くなることがあるので、説明会の時間帯は声掛けしておくとよいです。

スマホやノートPCの設置場所

パソコンは固定なので移動は難しいですが、スマホやノートPCはどこでも置くことができます。

椅子に座ってどこにおくと見やすいか設置場所を決めます。

また、スマホはズレ落ちやすいので、固定できるスマホスタンドがあれば便利です。

背景選び

見られることを想定しているので、画面に映った時にプライベート感がでやすいものは避けなければなりません。

たとえば、洗濯物、ポスター、フィギュア、ぬいぐるみは背景に映らないよう移動させましょう。

採用者だけでなく、ほかのエントリーしている人にも見られますから。

可能であれば、背景は壁、もしくはカーテンがスッキリしてよいです。

部屋の明るさ

部屋が暗いと表情は見えません。

意図的に見えづらくしている人いますが、マイナス評価となるので止めましょう。

表情はしっかり見せる方が相手への印象がよくなります。

室内が明るくても気をつけなければならないのは逆光です。

自分の背に太陽光を浴びていれば、相手からは真っ暗にしか見えません。

よって、昼間でもカーテンを閉め、ライトをつけるとよいでしょう。

>>【web面接】事前準備(場所、機種、電波、通信、カンペ)に大切な5つ

ライブ型の利点

ライブ型は就活生だけでなく採用者側も緊張感があることです。

どんな質問が来るのか、全く予想できませんし、どんな通信トラブルが起こるかもわからないためです。

でも、その緊張感はメリットの部分が大きいのです。

ライブ型録画型
リアルタイム×
新情報×
チャット機能×
〇:あり ×:なし

録画型は動画配信で聞くだけの一方向性です。

その点、ライブ型は双方向性なのでメリットが多いです。

チャット機能

話している途中でも不明な点があれば、チャット機能で質問ができます。

この機能はライブ型の最大の特徴と言ってよいでしょう。

質問の内容次第で話がさらに盛り上がることがあります。

ただ、時間が決められているので、全部答えられない場合があります。

少人数の場合はチャットではなく、音声で質問することもできます。

>>【web説明会】質問する方法は録画型とLIVE型でやり方が違う【例あり】

新情報

録画型は踏み込んだ説明会ではなく、当たり障りのない内容になります。

しかし、ライブ型は最新情報を盛り込んだり、都度情報を入れることができます。

得られる情報量はライブ型の方が多くなります。

他の人の質問を聞いているだけでも理解力が深まりますからね。

web説明会にあれば便利なもの

web説明会に参加すると、下記の点が気になるはずです。

・声が少し聞きづらい

・スマホだと画面が見えにくい

聞き取りやすくする方法

採用担当の声が小さい、活舌が悪い、早口といろんな方がいます。

少しでも聞き取りやすくするにはイヤホンマイク、ヘッドセットを使用すると改善します。

今ではweb面接では3分の1近くが使用していますからね。

使用すればweb環境が改善することがわかっています。

はれきち

コロナ前後で考え方が
大きく変わりましたから

画面を大きくしたい

スマホだと採用者の顔が見にくいだけでなく、グループデスカッションや集団面接をwebでしたとき、誰が何を言っているかわかりません。

もし、パソコンやノートPCが持っているのなら、スマホよりそちらを使うようにしてください。

ただ、パソコンを使うのであれば、webカメラの購入が必要になります。

web環境の機能を向上させるなら、こちらを参照してください。

>>【web面接の必需品】事前に準備すれば必ず役立つ【アイテム5選】

ログイン及び入室できない場合

入室できない

web説明会の時間になったので、ログインをしようしたら、うまく入室できない。

こんな状況になれば一番焦りますよね。

でも意外と多いのです。

では、このような場合はどうしたらよいのでしょうか?

問い合わせる前にまず確認しましょう。

<よくミスしやすい2

・担当者から送られたURL、ID、PASSが間違ってませんか?

→大文字、小文字、アンダーバーをもう一度チェック!

・面接アプリを開くブラウザを間違えてませんか?

→開くブラウザはIEもしくはgooglechromeで大丈夫?

それでもダメな場合は

採用担当者へメールではなく、電話で問い合わせてみましょう。

新たにURLを発行してくれたり、別日へ日程変更の指示があるかもしれません。

電話すれば必ず救済処置ありますので、安心してください。

しかし、何も言わず、説明会にでないと欠席とみなされ、採用の道は完全に閉ざされてしまいます。




まとめ

LIVE型WEB説明会や面接は対面と同様の服装で望みましょう。

採用担当者から悪い印象を持たれないよう、鏡を見て身なりを整えてください。

自宅にいるといつもの緊張感と異なり、リラックスしやすいです。

時間が経つと肘をついたり、腕を組んだりしやすいですが、短い時間なのでしっかり集中して聞きましょう

✅オファー型(逆求人)サイトおすすめ5選


✅就活本おすすめ10選


✅web面接アクセサリー

Posted by はれきち