自宅に居ながら簡単に就活が完結するやり方

2020年4月12日

自宅に居ながら簡単に就活はできるのでしょうか?

企業訪問やセミナーに参加せず、自宅で就活が完結できたら便利でよいですね。

自宅で完結すれば、交通費や移動時間を大きく減らすことができます。

企業の採用活動を15年している私が自宅で簡単にできる就活方法についてアドバイスいたします。




結論から言うとこの3つです。

《自宅でできること》
・web説明会をしている企業を調べる
・企業説明会は訪問ではなく、web説明会に参加する
・webで完結する就活サイトを活用する

最近はコロナの影響により、企業もweb説明会やweb面接を積極的に推し進めています。

ほとんどの企業が訪問型からweb型へ移行している最中といえます。

ではどのようにしてweb説明会をしている企業を調べたらよいのでしょうか?

①企業のホームページの採用情報や求人案内から調べる。

自分の関心がある、興味のある企業のホームページに直接アクセスし、採用情報で会社説明会がwebか確認する方法です。

大手企業の場合は独自のサーバー内でweb説明会を実施しています。

ほとんどの企業はリクナビやマイナビサイトを活用しているので、ホームページから転送され、web説明会へ申し込みする流れになります。

②リクナビ、マイナビ、キャリスタからweb説明会をしている企業を調べる。

大手の就活サイトだけあって、エントリーしている企業のバリエーションが豊富です。

web説明会をしている企業がまとめられているので、わかりやすいです。

企業説明会は訪問ではなく、web説明会に参加する

web説明会を実施している企業を調べた後は参加するだけです。

参加といっても訪問するわけではないので、交通費や移動時間は考えなくてもよいです。

ただし、パソコン、スマホや自宅でネット環境が整っていないとweb説明会を視聴することはできません。

web説明会はエントリー制になっています。

事前に個人情報を登録し、興味を持った企業にエントリーします。

時間に関係なく録画を視聴できるパターンと、予め日時が決められているLIVEパターンがあります。

この説明会に参加しないと次のステップ一次面接には辿り着けません。

web説明会後は面接となりますが、対面型とweb型に分かれます。

どこの企業もweb面接の流れになりつつあります。

よって、自宅に居ながら最終面接まで可能となります。

webで完結する就活サイトを活用する

自力で探すのがちょっと大変だ、考えれば考えるほど迷ったりしませんか?

そういった方には就活サイトの活用が便利です。

今やほとんどの就活生が何らかの就活サイトに登録しています。

就活サイトも以前は対面型の面談が多かったのですが、面談もwebに移行されつつあります。

今回はすべてwebで完結する無料の就活サイトを2つ紹介します。

①『JobSpring』は登録後、オンライン面談となり自宅に居ながら実施できます。

4月6日からすべての面談をwebに切り替えて対応しています。

《特徴》
・web面談により1000社以上の中から、あなたに合う厳選した3~4社を選定してくれる。
・web面接のアドバイス、履歴書の添削してもらえる。
・内定率が非常に高く91.7%で3年以内の離職率が0.1%と極めて低い。
・就活サイトにありがちな大量のメールなどが送られてこない。
・関東圏の企業を希望している人は案件が多い。

《web面談の手順》
①スケジュールから面接日の予約をする。
②予約完了通知が届く。
③2~3営業日以内に適性診断URLとZoom URLのメールが届く。
④面談日にURLからオンライン面談を実施する。

オファーボックス(OfferBox)も自宅で完結できる無料の就活サイトです。

こちらは逆アプローチ型と言われる就職サイトです。

自分で何がしたいか、イマイチ絞り切れていない、興味を持つものが少ないと考えているあなたにおススメです。

企業側からあなたをスカウトする新しいタイプの就活サイトです。

あなたが企業を選ぶのではなく、企業があなたを選ぶのです。

《特徴》
【1】利用学生数 19万人以上(2020年卒+2021年卒、2019年12月時点の実績)  
  就活生の4人に1人が登録しており、多くの人に認知されている。

【2】利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)と企業の注目度が高い。
大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)など業界、業種の幅が広い。

【3】学生のオファー受信率 93.6% (プロフィール入力率80%以上・2020年卒・2019年5月時点の実績)  
プロフィール入力率を80%以上にすると90%以上の人にオファーが届きます。             記入すればするほどオファーが届きやすい。

まとめ

コロナの影響により、企業は合同説明会、企業セミナーからweb方式に移行しております。

説明会だけでなく、一次面接、二次面接、最終面接もwebへ移行しつつあります。

就活生は今までの就職活動とは異なり、自宅に居ながら最終面接まで実施し、内定を得る時代となっています。

ただし、中小企業はweb説明会や面接への移行が遅れております。

あたなの希望する企業がweb対応しているのか、しっかり調べて見ましょう。




Posted by はれきち