【自宅に居ながら就活】超簡単に内定が取れる3つの手順教えます

2020年4月12日

簡単に就活

人気の企業に就職しようと思えば、何百倍もの競争を勝ち抜かないとたどり着けません。人気企業、有名企業、上場企業に就職するのは簡単なことではないです。

あなたが一流企業にこだわらなければ、家に居ながらにして、超簡単に内定を取ることができます。では、どんな手順を踏めば、簡単に内定を取ることができるのでしょうか?

私は大手企業の新卒採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」です。採用する側の立場で、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています(Twitter版はこちら)。

この記事でわかること
  • web面接によって自宅で就活ができる
  • 逆求人サイトの利用で就活が簡単に!
  • 【手順①】逆求人サイトを複数登録する
  • 【手順②】プロフィールを作り込む
  • 【手順③】web面接で第一印象をよく見せる
  • まず内定を1件取ることが大事

この記事を読めば、通常の就活とは異なり、家に居ながらにして簡単に内定を取ることができるようになります。結果、内定が1件あれば就活を気楽に進めることができるでしょう。

はれきちの合格レシピ

逆求人サイトに複数登録して、しっかりプロフィールを作り込むだけ

~特徴ある就活サイト3選~

レバテックルーキー

・新卒でITエンジニア目指したい

理系ナビ

・研究職やITに強く、インターンが情報充実

JobSpring(文系女子に強い)

・紹介は3~4件のみ、早期離職0.1%の実績




登録し忘れてませんか?逆求人サイト

<👑人気ランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数8,106社でNO.1

・4年連続学生利用率NO.1

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

✅学生登録者数伸び率NO.1

自宅に居ながら就活ができる

自宅

就活は自宅に居ながらできるのでしょうか?

まず、通常の【就活プロセス】は下記のようになります。

①企業研究する

②エントリーシートの提出

③会社説明会

④一次面接

⑤二次面接

⑥最終面接

自ら志望する会社に出向き、会社説明会を聞きに行ったり、一次、二次、最終面接を受けに行くのが普通でしたが、コロナの影響によりweb説明会やweb面接が主流となっています。

web面接が自宅で就活を可能に

web面接は自宅もしくは実家で行います。もちろんweb説明会も同様です。自宅での就活は金銭面、精神面で楽になりました。

もう交通経路調べたり、地下鉄出口を迷う心配はありません。迷うことを想定し、30分前に到着する必要はないのです。

また、対面ではないので、面接官の圧力を直接感じなくて済みます。目の前に面接官がいれば、どうしても緊張感は高まります。画面越しやホームグランドの自宅でするので、対面ほどの緊張感はありません。

web面接はメリット多い

就活生にとって、web面接はメリットが非常に多いのです。

  • 面接官の圧力を直接受けない
  • 交通費が掛らない
  • 移動時間がない

2m前に面接官が複数人いるとどんな人でも緊張します。張り詰めた空気を予想以上に感じてしまうからです。その点、web面接は家で行うため、安心感がありますよね。周り見ればいつもの光景ですから。

また、お金がかかるのはリクルートスーツや靴、カバンでもなく、交通費なのです。地方から東京で就活しようと思えば、4、5万は軽く飛んでしまいます。

面接会場が遠いと数時間要します。北海道や九州だと前泊する必要があるかもしれません。

ちなみに私の会社はweb説明会はもちろんですが、一次、二次、最終面接を全てオンラインで実施しています。昨年も同様にしているのでノウハウはかなり蓄積できています。

感染対策になるし、移動時間、交通費の削減につながるので、メリットは多いのです。

自宅で就活することはコスパがかなりいい

逆求人サイトの利用で就活が簡単に

登録流れ

通常の就活は特定の企業を決めて、ESを出し、選考に受かれば一次面接となる流れになります。逆求人サイトは通常の就活と逆で、企業側からあなたにオファーが届くのです。

アプローチ型、スカウト型就活サイトとも言われています。

よって、特定の企業に絞ることはできず、どの企業からオファーが届くか予想できません。

通常就活の弱点

通常の就活は特定の企業を決めるため、あなたがアクションしないと志望件数が増えません。

そのため、必ず企業研究をして、志望会社を決めるのです。例えば10件志望会社を選ぼうとすれば、企業研究にかなりの時間を要してしまいます。

企業研究をしたら面接ではありません。エントリーシートを提出し、無事選考に残らないと面接は受けることができません。

志望企業が1件、2件と数が少なければよいですが、就活をしていくとすぐに持ち駒がゼロとなります。そうするとまた、持ち駒を増やすために企業研究をしなければならないのです。

企業研究➡エントリーシート➡面接➡落ちる➡企業研究➡エントリーシート➡面接➡落ちる➡・・・続く

この繰り返しになるのです。

>>【就活やばい】持ち駒が全滅した時、今すぐやるべきことは【3つだけ】

逆求人サイトのメリット

逆求人サイトは企業研究を最初からする必要がありません。オファーが来た企業のみ研究すればよいのです。そのため、企業研究がムダになることはありません。

オファー(見込み企業)を増やすためにあなたの行動は特別に増やすことはありません。「ESを出しまくる」、「企業研究に明け暮れる」、「企業訪問しまくる」、こんなことはやらなくて大丈夫です。

逆求人サイトであなたが実行する就活はプロフィールを作成して、オファーが来るのを待つだけです。自らアクションを特別におこす必要はありません。

私が20年前には逆求人サイトはまだありませんでした。もしこんなサイトが当時あれば、就活で内定が取れなくて焦ることはなかったと思います。

はれきち

自宅いるだけで就活が
できるのはありがたい

逆求人サイトのデメリット

メリットがあれば、必ずデメリットがるのが定説です。デメリットは自分の希望する企業からオファーがくることはありません。

例えば、味の素、日清食品、日本水産を希望してもオファーは来ません。逆求人サイトに登録している企業からオファーが来るのです。また、超大手企業からオファーが来ることは少ないです。

はれきち

どこの企業からオファーが
来るかわかりません

超簡単に内定が取れる3つの手順

3つのポイント

人気企業へ就職するのは大変ですが、内定を取るだけなら簡単です。だからといってどこの会社でもよいわけではありませんよね。

逆求人サイトは興味ある業界を選択することができます。その業界からオファーメールが来るのです。例えば、食品、化学、IT、情報処理、金融、人材など。

超簡単に内定を取る3つの手順

①逆求人サイトに複数登録する

②プロフィールを充実させる

③web面接で第一印象をよく見せる

逆求人サイトに複数登録する

まずは逆求人サイトへ登録します。逆求人サイトは各々で特徴が違うため複数で登録することが重要です。全国対応、首都圏対応、理系向けなど様々です。

逆求人サイトごとに登録企業が異なるため、複数サイトに登録すればバリエーションが豊富になります。

プロフィールを充実させる

逆求人サイトに登録すれば、必ずプロフィールに自己PRを記入します。ここが一番のポイントになります。オファーがあるかないかは、プロフィールの出来次第なのです。

企業はプロフィールを見て、声をかけるか(オファーするか)判断します。

プロフィールを上手く書くコツ

採用側の立場をいうと、どのようなプロフィールにオファーメールするのか教えます。

・内容が抽象的ではなく、具体的である

・具体例があり、イメージできる

・プロフィール欄をしっかり埋めている

・自分の強みがしっかり書けている

・文章力ではなく熱意が伝わってくる

客観的にプロフィールを見て、『弊社で是非一緒に働いてもらいたい』と思わせる内容(人間性)だと、間違いなくオファーが来るでしょう。

プロフィール作成は一番時間をかけてください。出来の良し悪しで、全てが決まるといっていいでしょう。

web面接で第一印象をよく見せる

オファーが来れば、ほとんどエントリーシートを提出せず、web説明会もなく、面接の段階に進めます。プロフィールがすでにESを兼ねているからです。

面接となれば、今はweb面接となるので、自宅で就活を完結することができます。

web面接のコツは第一印象をよく見せることです。印象がよくなれば、自己PRやガクチカの説得力が増します。

web面接のコツ
  • 話すときはカメラレンズを見る
  • カメラ位置の高さを上げる
  • 話を聞くときは相づちを打つ
  • 部屋の明るさを上げる
  • 軽く口角を上げて挨拶する

人は視覚(目)から入る情報に一番大きく影響されます。聴覚(耳)から入る情報はその次になるのです。

カメラ目線をしないと面接官と目が合いません。また、カメラ位置の高さが足りないと下に向いてしまいます。

肉眼では明るく見えても、画面を通すとやや暗く映るのです。芸能人がしているようにスポットライトを活用すると健康的な表情になります。

>>web面接の目線はどうすると印象がよくなる?【面接官が3つの助言】

おすすめの逆求人サイト

<👑おすすめランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数8,106社でNO.1

・4年連続学生利用率NO.1

・全国に対応

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

・適性検査の評価高い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

・全国に対応

✅学生登録者数伸び率NO.1

4.mikketa

・元google人事部が責任者

・首都圏対応

✅逆求人なのに企業を選ぶことが可能

5.理系ナビ

✅理系に特化

・研究職、ITエンジニア、金融適合

・インターン情報強い

オファーボックスを軸に複数のサイトに登録すれば間違いはありません。当然サイトの登録及び利用は無料です。

あとはプロフィールを作り込むだけです。あなたの「自慢」や「存在価値を高く売るエピソード」は必ず入れてください。何しろ、企業はプロフィールしか判断材料がないからです。

例えば、自分には自慢することがないと思っているなら、バイトで一番気を使っている点や継続して成果を出してる点を具体例をあげて説明するだけで、十分自慢することができるでしょう。

オファーを受諾すれば、いきなり面接になるパターンが多いです。改めてESを提出することは稀です。

★オファーが届くコツ

・プロフィールは定期的に付け足したり、微調整する

・ログインは2,3日に一回は入る

プロフィールを作成して、オファーが今一つ来なければ、微調整してください。また、ログインはサイトちゃんと活用している証拠となります。

企業からはいつにログインしたか、履歴が見れるのです。

>>【2023年卒】失敗しない逆求人・オファー型サイトはこれ!おすすめ5選

まず内定を1件取ることが大事

web面接と対面

中小企業やベンチャー企業の内定でも一件は1件なのです。0と1では大きな差があります。1と2では大きな違いはありません。要は内定をまず1件取ることが大事なのです。

内定ゼロの状態が続くと精神的にきつくなります。第一志望ではなくても、早めに1件内定を取っておくと気持ちに余裕ができます。

内定ゼロが続くと「自分は能力が低い」、「企業から評価されない不必要な人間なんだ」とマイナス思考に落ちいるので、面接に自信が持てなくなるのです。

面接官から、「就活状況を教えてください」と聞かれたとき、『内定1件あります』と答えられるのと『内定はまだありません』というのでは大きな違いがあります。

<面接官の先入観>

・内定がある➡どこか魅力的な点がある

・内定がない➡どこかに問題点がある

このような先入観で面接官から評価されると結果がどうなるか見えますよね。

簡単に内定を1件取れれば、有名企業へチャレンジしてもいいし、逆求人サイトのプロフィールをさらに作り込んで、異なる企業からのオファーを待ってもよいでしょう。

精神的に余裕があるので、面接の表情が温和になり、第一印象がさらに向上するでしょう。




まとめ

自宅に居ながら就活ができるようになりました。交通費やムダな移動時間をかけず、効率のよい就活がweb面接によって可能になりました。

逆求人サイトは容易に内定を取ることができます。オファーが来れば、ESで落とされることがないため合格率は必然と上がります。

オファーを増やすには逆求人サイトのプロフィール作成に一番力を入れる必要があります。この出来がオファー率に直結しているからです。

また、定期的にログインすればサイト活用しているということがわかるので、企業がオファー率が上がります。

逆求人サイトに複数登録し、オファーのバリエーションを増やしていきましょう。

~特徴ある就活サイト3選~

レバテックルーキー

・新卒でITエンジニア目指したい

理系ナビ

・研究職やITに強く、インターンが情報充実

JobSpring(文系女子に強い)

・紹介は3~4件のみ、早期離職0.1%の実績

✅オファー型(逆求人)サイトおすすめ5選


✅就活本おすすめ10選


✅web面接アクセサリー

Posted by はれきち