【web面接マナー】入室は何分前が正解?入室後の挨拶と退室時のお礼

2020年4月19日

初めてweb面接をする時、ZoomやTeams、インタビューメーカーなどのアプリが上手くつながるか心配になりますよね。

そこで気になるのが、web面接は何分前につなげればよいのでしょうか?

15分前は早すぎるし、1分前ではギリギリな気がしますよね。もしトラブルになったら、開始時間に遅れますからね。

私は大手企業の新卒採用活動を15年以上している「はれきち」です。採用側の立場で何分前につなげてもらうと助かるか教えます。また、入室した時の挨拶はどうしたらよいのか、退室時の正しいやり方を教えます。

この記事でわかること
  • 入室は開始5~10分前がよい
  • アクセスしたら座って静かに待つ
  • 入室直後の挨拶は元気よく『こんにちは』
  • 退室時はお礼を伝えて、退出ボタンを押す
  • トラブル時に対処法

この記事ではweb面接の入室、退室時のマナーがわかります。万が一トラブルになった時の対処法を知ることができます。

はれきちの合格レシピ

トラブルなった時、すぐに電話できるよう番号を控えておく

その前に、web面接の事前準備~面接終了までの流れを把握したい人はこちらからどうぞ。

~特徴ある就活サイト3選~

レバテックルーキー

・新卒でITエンジニア目指したい

理系ナビ

・研究職やITに強く、インターンが情報充実

JobSpring(文系女子に強い)

・紹介は3~4件のみ、早期離職0.1%の実績




web面接のマナー

マナー

web面接でのマナーとは面接する上で面接官に不快な気持ちにさせないようにする礼儀作法です。

一番わかりやすいのが挨拶ではないでしょうか?相手から元気よく「おはようございます」と声を掛けられれば、気持ちがいいですよね。

逆に挨拶の声が聞こえない、挨拶を全くしないとなれば、不快に思われるかもしれません。『挨拶』はマナーの基本ですからね。

web面接のマナーはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 入室のタイミング
  • 入室後の挨拶
  • 退室時のお礼
  • 身なり(髪型、服装)
  • 目をみる
  • 話すスピード

この中で、入室のタイミング、入室後の挨拶、退室時のお礼について詳しく解説していきます。

入室のタイミング

web面接は開始の何分前につなげるのが正解なのでしょうか?

この質問に対して、面接官の立場から回答します。

私は初めてなら5~10分の間にアクセスするとよいでしょう。慣れれば5分前でOK。

よく聞かれる質問
・早めにつなげると迷惑になりませんか?
・開始時間ジャストにつなげるのが完璧ですか?
・他の人は何分前につなげてますか?

早めにアクセスしても迷惑にならない

早めにアクセスしても問題はありません。『アクセスする≠面接官とつながる』ではないからです。

簡単に説明すると、就活生からアクセスすると面接官側は「アクセスが来ています、つなげますか?」と表示されます。そこで『許可』を押すと通信がつながり、お互いの顔が映るのです。

ただ、早くしても大丈夫ですが、20~30分前にアクセスすると待機時間が長くなるし、面接官からは開始時間を間違えてる?と思われるので注意して下さい。

面接官から許可をもらうまで、その場所で座って待機しなければなりません。通常、20〜30分前ならトイレにいったり、鏡を見て身なりを整えておきたいですもんね。

開始時間ジャストのアクセスは危険

例えば10時から面接開始だとしたら、10時ジャストにつなげるのが一番よいと思ってはいけません。

面接アプリに接続するにはIDやパスワード、指定されたURLからアクセスする必要があります。パスワードを間違えてしまうと入室ができません。パスワードはコピペができないため、ミスがよくおこります。特にゼロ「0」とオー「O」を間違えてたり、小文字のエル「l」と大文字のアイ「I」もよく間違えます。こうなると開始時間を超えてしまいます。

開始時間を過ぎて、入室するのは大きなマイナス評価となります。時間を守れない人と認識されるからです。

ギリギリだと面接官は面接を辞退したのか、あるいはアクセスに手こずっている?と考えてしまいます。

よって、開始時間ジャストの入室は考えないようにしましょう。

はれきち
はれきち

入室できないと時間が
迫っているので、
パニックになります

他の人は何分前のアクセスが多いのか

面接官として立ち会っているときは、開始5分前につながることが一番多いです。次に多いパターンは5~10分の間です。次に2~3分前です。

開始何分前のアクセスが多いか
・5分前    約40%
・5~10分前  約25%
・1~5分前   約20%
・ギリギリ   約10%
・10分以上前  約5%
※あくまでも私の感覚です。

私は初めてのweb面接なら、5~10分前にアクセスするのが一番よいと考えます。慣れないことなので、パスワードをミスしても十分挽回が可能です。余裕を持って対処できるのがよいです。

慣れれば、5分前のアクセスでOKです。

いつもと違う面接アプリを使うなら早めのアクセスがよいです。

Zoomには慣れているけど、インタビューメーカーは初めてなら5~10分前にアクセスする方が無難です。インタビューメーカーはインターネットエクスプローラーでは起動しないため、google chromeのブラウザで開く必要があります。

採用担当者からのメールに説明が書いてあるのですが、見落とすと入室できなくなるので注意が必要です。

アクセスしたら着座して待つ

着座する

アクセスしても、いつ面接官から許可されるかわかりません。要するに自分ではコントロールできないです。

そのため、アクセスしたらいつつながってもいいように座って待たなければなりません。飲み物を飲んでる最中やメイクを直している時につながると恥ずかしいですからね。

入室できたら、スマホやパソコンの画面に自分の顔だけでなく、相手側の顔も映ります。

そこで、入室したら2つのパターンがあります。

・いきなり面接官とご対面

・相手側の画面が真っ暗

いずれも通信はつながっている状態です。

面接官が映っていれば、面接開始となります。

真っ暗な場合はまだ開始時間になっていないので、面接官側のカメラがクローズになっています。

注意したいのはあなたから、面接官の状況は一切見えません。しかし、面接官からはあなたの状況はよく見えているのです。

よって、アクセスしたら座って相手側(面接官)から指示があるまで待機するようにして下さい。いつ始まってもいいように心を落ちつかせておきましょう。

入室後の挨拶

アクセスして面接官から許可がでれば、通信がつながり、双方の顔が映しだされます。その時はやや驚くと思いますが、必ず元気よく『こんにちわ!』と挨拶しましょう。あるいは『よろしくお願いします』でもOKです。

いきなりつながるので驚かないようにしましょう。つながった瞬間に出身大学や学部や意気込みを名乗る必要はありません。必ず面接官側から面接の流れについて説明があります。面接官の方から、「出身大学と学部と名前をお願いします」と言われてからで十分間に合います。

つながった瞬間の表情や挨拶のトーンでどんな人なのか面接官はイメージします。そのくらい第一印象に影響するため、必ず明るい表情で挨拶をしましょう。

たまに軽く会釈する程度の人いますが、これだと第一印象はよくなりません。

>>【web面接】最初の挨拶で決まる!誰でも印象が良くなる3つの方法

退室時のお礼

退室時はどのようにするのがよいのか説明します。

最後にお礼を伝えて退出するのがマナーとして大事です。

面接が終わる時は必ず面接官の方から、「これで〇次面接を終了いたします。退室する際は退室ボタンを押してください。」と説明があります。

言われてすぐに退室ボタンを押すと完全に面接が遮断されます。必ず一言お礼を伝えて、退室するようにしてください。

退室時のお礼(例)
・本日は貴重な時間をいただき、ありがとうございました。では失礼します。

・本日は大変参考になる話を聞くことができ、ありがとうございました。では失礼いたします。

このように『ありがとうございました』だけではなく、ひとこと付け加えるとより丁寧なお礼になります。

最後のお礼なので長い文章にする必要はありません。

笑顔でお辞儀することを忘れないようにしましょう。

トラブル時の対処法

対面では大きなトラブルは少ないですが、web面接ではトラブルはつきものです。ここでは私が体験した多いトラブルを教えます。

  • 上手くアクセスできず、つながらない
  • 音声が聞こえない、聞き取りにくい
  • 途中でフリーズする

上手くつながらない

一番多いトラブルは指定されたURLから上手くアクセスできず、つながらないことです。

パスワードの打ち込みミスや二次面接なのに、一次面接のURLからアクセスして入れなかったり、ブラウザが違っていたりと様々です。

初めてweb面接する際は慣れていないので、どのような手順でアクセスするのか時間が予想以上にかかってしまいます。

上手くアクセスができない場合はもう一度採用担当者から来たメールを確認してください。手順、ID、パスワード、URLが書いています。最新のメールなのかチェックしてください。

それでもつながらない場合は速やかに、採用担当者へ電話してください。メールではなく、緊急性が高いので電話を掛け、指示を受けてるとよいです。

よくある事例として、開始時間になってもアクセスがないので、面接官側から電話すると「上手くつながらないので格闘していました」と言われることがあります。ほんと評価を下げることになるので、開始時間に間に合わないと思ったら、必ず電話をするようにしてください。遅れる際は一報を入れるのがマナーですからね。

その他のトラブル

通信状況により、音声が聞き取りづらい、映像がカクカクすることがあります。音声だけになることもあります。どんなトラブルに巻き込まれるかわかりませんが、安心してください。必ず、面接官側から指示がでるため、勝手に再起動とか退室はしないでください。

詳細はこちらを参照してください。安心して対処することができるようになります。

>>【web面接つながらない】音声が途切れたりフリーズした時の対処法




まとめ

web面接のマナーは面接官へ不快にさせない礼儀作法です。入室するには開始何分前がよいのか、入室後の挨拶の仕方、退室する時のお礼の仕方など最低限知っておくべきことです。

開始20分前になれば、鏡をみて身なりをチェックし、笑顔を忘れないようイメトレをしましょう。

5~10分前になれば、アクセスして許可がでるまで着座して待ちましょう。つながったら即座に笑顔で挨拶をしてください。きっと印象がよくなるはずです。

面接が終了したら、必ずお礼を伝え、お辞儀をしてから退室ボタンを押すようにしてください。お礼の途中でボタンを押すと面接が遮断され失礼にあたります。

入室時のアクセスが上手くできず、開始時間に間に合わないと判断したら、必ず採用担当者へ電話してください。事前に電話すればマイナス評価とはなりません。

web面接はどんなトラブルが起こるか誰にも予想できません。まずあわてず、面接官の指示に従うようにしましょう。

今すぐ登録すべき逆求人サイト

<👑人気ランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数10,186社でNO.1

・4年連続学生利用率NO.1

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

✅学生登録者数伸び率NO.1

<web面接アクセサリー>

Posted by はれきち