【就活アピール】履歴書の趣味、特技で必ず面接官の目にとまる書き方

2019年9月15日

就活の準備として、まず困るのが履歴書の書き方です。

学歴や資格はすぐに書けますが、趣味、特技はなかなか書けません。

特にこれと言った特技がない、趣味がない人は余計に悩んでしまいます。

でもせっかく書くなら、採用担当者へ少しでもアピールできる履歴書したいですよね。

私は企業の新卒・中途採用活動を15年以上しており、今まで数百、数千の履歴書を見てきました。

そこで、どのような趣味・特技の書き方をしたら面接官にアピールできるかを教えます。

私は就活に悩む人へ少しでも役立つ情報(レシピ)を提供しています。

この記事を読めば、面接官の目にとまる趣味・特技を書くことができます。

自己PR、志望動機だけが面接官に聞かれるわけではありません。

実は面接官はとっかかりとして、最初に趣味、特技について聞くことが多いのです。




履歴書の趣味、特技とは

履歴書は法律で書式を決められているわけではありません。

要は自分はこういった人ですと状況を記す書類といえます。

その中で趣味、特技はプライベートが垣間見えるポイントなのです。

自分はどのような人物か趣味、特技を通じて、相手にイメージさせるのです。

はれきち

履歴書は自分の
取り扱い説明書なのです

ダメな趣味、特技の書き方

自分はこのような人ですよと採用者(面接官)へアピールしなければなりません。

おもしろい趣味、変わった特技だけがアピールではありません。

あなたの個性が分れば十分なアピールになるのです。

ただし、記入する上で5つの注意点があります。

1.抽象的はダメ
2.長文はダメ
3.うそはダメ
4.ギャンブル・宗教はダメ
5.書かないのはダメ

抽象的はダメ

一番多いダメな例です。

例えば、

趣味:スポーツ観戦、音楽鑑賞、読書は山ほど見てきました。

面接官としてはどれも目にとまることはありません。

どれも範囲が広いのです。

よって、印象に全く残らないのです。

この書き方ををやめるだけで、他人と差別化できると言っても過言ではありません。

そのぐらい抽象的に記載している人が多いです。

例えば、趣味をスポーツ観戦ではなく、『サッカーのJ2観戦』とすると興味を惹かれます。

なぜサッカーのJ1ではなく、J2なのか、質問をして聞きたくなります。

また、読書ではなく、『戦国時代の歴史小説』と書くと好きな作者は誰だろう?

好きな武将は誰?、その理由はなぜと質問したくなります。

面接官が抽象的ではなく具体的にイメージできるようにしないといけません。

はれきち

音楽鑑賞ではなく、
劇団四季のミュージカル鑑賞と
すると具体的になります

長文はダメ

アピールしたくて、エピソードが長い人がいます。

特技でサッカーをアピールしたくて、小・中・高校生の細かい実績をたくさん記入したり、苦労話などのエピソードが長いと読む方は辛くなります。

というか、途中であきらめてしまいます。

例として特技:サッカー(高校県大会ベスト4)と簡潔に書きましょう。

面接官に読みやすく、簡潔にまとめる方がよい印象を与えます。

うそはダメ

目立とうとしたり、あるいは何も思いつかなかったので、ネットで調べてうその趣味・特技を記入してはいけません。

面接時に面接官から質問があった場合、うそがわかると即不合格となります。

運よく入社できても後からうそがバレたら、人事評価が下がります。

趣味・特技でうそが分ると履歴書全体に疑いをもたれ、信ぴょう性がなくなります。

冒頭で履歴書はあなたの取り扱い説明書のようなものだと伝えました。

うその取扱い説明書となれば、誰も見ないです。

ギャンブル・宗教はダメ

面接官に好意的に受け取れないことは記入を避けましょう。

例えば、趣味:パチンコ、競馬などのギャンブル系、ネットゲーム、eースポーツ、ユーチューバーなども印象が悪くなります。

本業の仕事以外に依存度が高くなりそうなものはネガティブに取られます。

ただし、パチンコ業界、ネットゲーム業界を希望している人は問題ないです。

趣味・特技で特定の人物を崇拝していることがわかると偏った考えの持ち主だと判断されます。

特技では人を幸せにすることや布教活動などは宗教色が強いと、敬遠されるでしょう。

面接官は仕事に集中できる環境にあるかを見ています。

変わった思想や依存しやすい人は避けられます。

書かない人はダメ

全く書かない人は極少数います。

書かないと『自分の個性はありません』と言っているようなもんです。

個性がない人は面接官も興味がわきません。

趣味・特技:『特になし』と記入しても印象は悪くなります。

よく考えてください。

採用者に私はこういった人物ですよとアピールしなければ、内定は簡単に勝ち取れません。

はれきち

無難な趣味、特技も
アピールできません

面接官の目にとまる書き方

趣味、特技は具体的で簡潔に書くことが必須です。

ポイント3つあります。

・面接官がイメージできる

・面接官が質問したくなる

・面接官のパターンにないもの

面接官がイメージできる

面接官に想像してもらえないといけません。

想像できなものはスルーされます。

スポーツ観戦や音楽鑑賞、読書ではざっくりしすぎてイメージできないのです。

イメージさせるには高校野球観戦、サッカーのJ2観戦、フェンシング観戦など一歩踏み込む必要があります。

面接官が質問したくなる

面接官が質問したいなと思わせたら、勝ちと言っていいでしょう。

・プロ野球ではなく、なぜ高校野球なの?

・サッカーはJ1ではなく、なぜJ2なの?

・フェンシングって珍しいけど、学生時代にやってたの?

面接官に想像をかきたて、なぜそうなったのと?

あなたに興味を持たせないといけません。

私は履歴書の趣味・特技で興味をもったら、必ず面接の始めに聞くようにしています。

かなり打ち解けることができます。

興味を持たれるとあなたと面接官の距離はグッと近くなります。

はれきち

距離が縮まれば、
勝手に親近感を
持ってくれます

面接官のパターンにないもの

面接官のパターンにないものが目にとまりやすいです。

面接官は何百、何千もの履歴書を見ているのでパターンができているのです。

趣味で言うと

スポーツ観戦、映画鑑賞、音楽鑑賞、読書、旅行など

特技で言うと

野球、サッカー、バレー、バスケなどのスポーツ、料理、読書、コミュニケーションなど

これらは山ほど見てるパターンなので目にとまりません。

面接官は残念ながら、脳みそがスルーしちゃいます。

少し変化をつけた趣味、特技でないと目立ちません。

例えばこのような趣味、特技はどうでしょうか?

趣味はカバディ、ボルダリング、ひとりキャンプ、古寺巡り、DIY

特技は一筆書き、強調した似顔絵作成、パントマイム、顔と名前覚え

珍しい、なぜ?、何が面白いか教えて?って

なりませんか。

趣味・特技が全く浮かばない人はどうしたらよいか?

自分にこれといった趣味・特技がなく、全く浮かばない人はどうしらよいのでしょうか?

大丈夫です。

全く問題ありません。

書き方にちょっとしたコツがあるので、アドバイスします。

趣味に関して、思い浮かばない人は休みの日を考えてください。

買い物に行く、掃除する、録画したドラマをみる、料理する、犬の散歩をする、雑誌をみるなどがあるでしょう。

そこから広げると書きやすいです。

買い物であれば、洋服、日用品、食料品があるでしょう。

少しでも良いもの、安いものを探してませんか?

洋服であれば、

趣味は洋服の買い物:良質なものを安く買う

犬の散歩であれば、

趣味は犬の散歩:犬とたわむれ、ストレス解消

日常の行動を趣味に取り込みましょう。

実は書けない人は日常の行動を意識していないだけなのです。

では特技が全く浮かばない人はどうでしょうか。

持っている資格や親、友達に褒められたことを意識してみてください。

英検~2級、簿記~2級、ダイビングライセンス、大型二輪、漢字検定~2級、そろばん〇段、書道〇段、柔道〇段、空手黒帯など

上記のような資格があれば、りっぱな特技にもなります。

資格などがない場合は、親、友達に褒められたことを思い出してください。

集合時間前に必ずくる、掃除が丁寧、字がきれい、スマホの検索が早い、車の運転が上手い、手先が器用、気持ちの切り替えが早いなど

親、友達、先生、研究室、サークルの先輩、後輩から褒められたことを思い起こしてください。

例えば掃除が丁寧とサークルの先輩に褒められたのであれば、

特技は掃除:限られた時間で目の届きにくい場所まで行うことができる

面接官に質問されてもサークルの先輩に褒められたことがあると言えます。

気持ちの切り替えが早いと親に褒められたなら、

特技:すぐに気分転換を図ることができる。

特技は資格や褒められたことを記入すると書きやすくなります。




まとめ

趣味・特技はあなたの個性を採用者にアピールする上で非常に重要です。

履歴書はあなたの取り扱い説明書です。

面接官は普段のあなたがどういった人なのか、面接を通じて知りたいのです。

そのとっかかりとして履歴書の趣味、特技が活用されるのです。

一番最初から本題に入るのではなく、少し場を温めてから面接に入ります。

その少し場を温める方法として、趣味・特技について質問がよく利用されます。

ポイントは抽象的ではなく、具体的に記入することです。

具体的かつ簡潔に記載すれば、それだけで他人と差別化できます。

おもしろい趣味、他に類を見ない特技を記載しなくても十分採用者にアピールできるのです。

よく読まれている記事

✅オファー型(逆求人)サイトおすすめ5選


✅就活本おすすめ5選


✅web面接アクセサリー

Posted by はれきち