会社に行くのが辛くなった

【採用者回答】面接は第一印象だけで決まる!やることは【2つだけ】

2019年8月2日

第一印象

ショックかもしれませんが、最初の1分の印象で合否が決まります。決して大げさではなく、ベテランの面接官となれば、およそ見当がついてしまうのです。

実は第一印象をよくするために志望動機や自己PR、ガクチカに力を入れてもよくなりません。なぜならば、見ているポイントが違うからです。では、どうすれば第一印象がよくなるのでしょうか?

私は大手企業の新卒採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」です。採用する側の立場で、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています(Twitter版はこちら)。

この記事でわかること
  • 面接は第一印象で合否が決まる
  • 第一印象は「見た目」と「話し方」が9割
  • 重要なのは「顔の表情」と「最初の挨拶」

この記事を読めば、第一印象が誰でもよくなります。特に一次面接、最終面接の役員に対して有効な手段となるでしょう。

はれきちの合格レシピ

挨拶や回答するときは最後に必ず口角を上げる

登録し忘れてませんか?逆求人サイト

<👑人気ランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数8,106社でNO.1

・3年連続学生利用率NO.1

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

✅学生登録者数伸び率NO.1




~特徴ある就活サイト3選~

レバテックルーキー

・新卒でITエンジニア目指したい

理系ナビ

・研究職やITに強く、インターンが情報充実

JobSpring(内定率91.7%)

・紹介は3~4件のみ、早期離職0.1%の実績

面接は第一印象で合否が決まる

面接は第一印象で決まるってホントでしょうか?その答えは…本当です。

「いやいや、そんなことはないでしょう」、

志望動機、自己PR、ガクチカの点数や表現力、理論的、積極性、協調性などの合計点で合否を判定してると思いますよね。

第一印象通りの結果になる

確かに形式的に、あとで見返してわかりやすいよう点数表記をしています。それはあくまでも“形式的に”です。

頭の中ではこの人は合格、あの人は不合格と第一印象で合否を判定しています。もちろん、質問しながら、不合格➡合格、合格➡不合格と最初の判定がくつがえることはあります。ただ、それは稀なです。

第一印象の通りの結果になるパターンが多いのです。ベテランの面接官になればなるほど、確率は高いです。それだけ第一印象がよいと結果もよいのです。

印象がよいと合格する理由

では印象がよいと、なぜ合格しやすいのでしょうか?

印象がよいと下記のメリットがでます。

・説得力が増す

・会話力が上がる

・仕事ができるイメージになる

説得力が増す

印象がよいと志望動機や自己PR、ガクチカの説得力が増します。面接官は好意的に受け取ってくれるのです。逆に印象が悪いと同じ事言ったとしても疑って聞かれます。よって、受け取り方が全然変わるのです。

例えば、元気がなく、暗い表情で「リーダーシップ力があります」と言われても、ほんとに⁉となるのです。印象が悪いと説得力に欠けます。

はれきち

よい先入観を植え付ける
と後がラクになります

会話力が上がる

印象がよいと会話のテンポがよくなります。話しやすい雰囲気になるので、会話にテンポが生まれます。テンポがよくなると次々に会話が進みます。話題も広がり、親近感がでます。

逆に印象が悪いと話しかけにくいです。そんな環境だと会話にリズムは生まれません。その結果、会話が途切れ途切れになってしまいます。面接官も乗っていけないのです。

仕事ができるイメージ

コミュニケーションが高いと想像されます。『コミュ力高い』=『仕事ができる』なので、そう思われるとかなり得です。面接で様々な質問をされるのは結局、仕事ができるタイプなのかを見てますから。

印象が悪いと仕事上でメリットはありませんからね。

私は今まで面接官として何百、何千人も見てきました。見ただけで、仕事ができそうかそうでないかを無意識に判断しています。これは経験則からきています。一度ダメなパターンに入れば、そう簡単には抜け出せません。そのぐらい最初の印象の良し悪しは大事になります。

見ているポイントは2つだけ

面接でいう第一印象はお見合いじゃないので、パッと見て顔が「イケメン」とか「美人」だから合格とはなりません。顔で決めるモデルだとそれでいいかもしれませんが、さすがに就活ではムリです。

印象については感情や態度が、他人にどのような影響を及ぼすか実験した『メラビアンの法則』というものがあります。これは第一印象の影響について、よく取り上げられます。

情報の種類影響度面接で見られるポイント
視覚情報55%見た目、姿勢、表情、服装、髪型
聴覚情報38%話し方、声の大きさやテンポ
言語情報7%志望動機、自己PR、ガクチカ
メラビアンの法則

見た目だけで印象の良し悪しを半数以上が判断しています。昔、学校の先生に「人は見た目で判断しない」と習ったかもしれませんが、現実は違うのです。

印象は「見た目」と「話し方」の情報が9割以上となり、志望動機、自己PR、ガクチカの説明は5%しか影響を与えないのです。

つまり、第一印象は志望動機を話す前に決まっていると言うことになります。『人は見た目が9割』というベストセラーがあったぐらいですからね。

面接官はどこを見て、どんな話し方すれば、第一印象がよいとなるのでしょうか?

見ているポイントは2つだけです

見た目は表情で判断

外見(見た目)は髪型、表情、服装、姿勢の雰囲気で印象を決めます。その中でもウエイトが大きいのが顔の表情です。

写真を見てわかるように同じ人でも笑顔になると印象がガラッとかわりますよね。逆に無愛想だと機嫌悪い、怒ってる、やる気ないと思いますよね。「いやいや、私はそんな顔しませんよ」と思ってるかもしれませんが、面接会場は独特な雰囲気なので、緊張すると左のような真顔になりやすいです。

笑顔や口角を上げていると「明るい」、「話しやすそう」と好感度が一気に上がります。歯を見せなくてもよいですが、口角だけは上げて望みましょう。

面接は簡単な自己紹介を兼ねた挨拶からスタートしますが、評価はすでに始まっているので注意が必要です。対面の場合は入室した瞬間、Webの場合はつながった瞬間から見られています。

髪型が変だと目に留まるし、服装が乱れていても留まります。ただ、該当する人は少ないのです。だから、顔の表情に注目されます。

見た目のまとめ

・人間は耳より目から入る情報の方が圧倒的に早い

・面接のスタート前から評価されている

・会った瞬間から、口角を上げる

話し方は挨拶で判断

もう一つは話し方です。目から入る情報の次は耳から入る情報です。会話の中身ではなく、単純に、声の音量、メリハリ、早さです。

最初に声を発するのは、挨拶ですよね。

例えば、「こんにちは、○○大学、〇学部〇学科の○○と申します。本日はどうぞよろしくお願いします。」と伝えます。

明るい口調で、はっきりとややゆっくり挨拶すれば、大丈夫です。ここが“一番印象に残る”という場面は、挨拶が終わった瞬間に「ニコッ」と笑顔になるところです。面接官はよい印象が残像として必ずのこります。

緊張していると、声が小さく、早口になります。よって、最初のこんにちわの「こん」が聞き取れないのです。そうなると、面接官から自信ない⁉、あせってる⁉、相当緊張している⁉と思われるのです。

話し方のまとめ

・最初の挨拶で印象が決定づけられる

・最初の言葉はやや強めに言う

・挨拶直後の笑顔は印象に残る

印象よくするには「見た目」と「話し方」でほぼ決定づけられます。なんせ、合わせると9割以上を占めていますからね。

面接官はそれだけ「顔の表情」と「最初の挨拶」に注目しているのです。

>>【web面接】最初の挨拶で決まる!誰でも印象が良くなる3つの方法

特に一次面接は第一印象で決まる

一次面接はお互いが初対面なので、第一印象の評価が良くも悪くも強く反映されます。何度も会えば、どんな性格か雰囲気なのかわかりますが、初対面だとそうはいきません。

一次面接で落ちやすいなら、「顔の表情」と「最初の挨拶」のやり方を改善した方がよいでしょう。

二次面接になると深掘りされるので、言語情報である会話の中身が重要になります。つまり、志望動機や自己PR、ガクチカの質です。一次面接とは異なり、第一印象で合否を決めることは少なくなります。

ただ、最終面接となると役員が登場します。役員とは初対面なのでこの第一印象が重要になるのです。論理的な思考より、仕事への熱意を好む役員が多いので、笑顔はかなりの武器になります。

はれきち

一次面接と最終面接では
第一印象がよくないと
合格できません

第一印象が悪い人の特徴

第一印象悪い

では、どういった人が第一印象が悪いとなるのでしょうか?こんな行動をしていると面接官からマイナス評価となります。

第一印象が悪い
  • 髪型が奇抜、色が派手
  • 服装に清潔感がない
  • 目を合わしてくれない
  • 常に目線が下向き
  • 表情が暗い
  • 声が小さい
  • 早口で聞き取りにくい

まずは見た目で髪型が奇抜で色が明るすぎるとどうしても目が向きます。目が泳いだり、下向きで目を合わせてくれないと印象が悪くなります。喜怒哀楽がない表情でも暗い印象になります。

見た目はいいのに、挨拶で声が小さかったり、早口だとガッカリすことはよくあります。

つまり、第一印象悪いと志望動機や自己PR、ガクチカの出来以前の問題になるのです。そのため、第一印象でつまづくと志望動機などは真剣に聞いてくれません。

能力があって優秀だとしても第一印象で損することは大いにあります。なぜ、そんなに印象が大切かというとその後の行動がよく見えるからです。

例えば、コンビニで買い物したとき、愛想のよい店員は仕事が丁寧に感じ、無愛想な店員だと袋に入れるのが煩雑だなと感じたことはありませんか?例え同じように袋へ商品を入れたとしても客側のイメージは違います。

同様に印象がよいと志望動機の説得力が増すのです。面接官もロボットではないので、印象に左右される部分がかなりあります。

>>web面接の目線はどうすると印象がよくなる?【面接官が3つの助言】

印象度をチェック

面接力診断で印象度の目安がわかります。80点以上は優秀です。逆に39点以下だとかなり印象が悪く捉えられます。

>>面接力診断はこちら




まとめ

第一印象をよくすることが合格への近道となります。見た目と話し方で9割以上が印象付けられます。見た目では「顔の表情」、話し方では「最初の挨拶」がポイントになります。

鏡で口角を上げた場合と普通の時を比べてみてください。印象の違いにがく然とするはずです。面接は誰もが緊張をします。緊張すると顔がこわばり、表情が硬くなります。口角を上げたり、笑顔にすると緊張感も早く解けます。

印象がよくなれば、志望動機、自己PR、ガクチカの説得力が増します。会話にテンポがでて、親近感を持たれるようになります。そうすれば、仕事ができるイメージとなるので、必然的に合格しやすくなるです。

面接は笑顔を忘れずに望みましょう。

よく読まれている記事

登録し忘れてませんか?逆求人サイト

<👑人気ランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数8,106社でNO.1

・3年連続学生利用率NO.1

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

✅学生登録者数伸び率NO.1

<web面接アクセサリー>

Posted by はれきち