合格したければ面接で【コミュニケーション能力】の高さをアピールせよ

2019年8月4日

いきなり厳しい言い方になっていますが、そのぐらい面接ではコミュニケーション能力が大事なのです。

面接官が一番見ているポイントは入社熱意や忍耐強さ、協調性、リーダーシップ、頭の賢さだと思いませんでしたか?

しかし、合否は『コミュニケーション能力』が高いか低いかで判断しているのです。

企業の新卒・中途採用活動を15年以上している現役面接官の私が解説いたします。

私は就活に悩む人へ少しでも役に立つ情報(レシピ)を提供しています。

この記事では面接で最も重要視されるのがコミュニケーション能力の高さであると分かります。また、どのようにアピールすれば面接官によい印象を与えるかもわかります。

結果、合格するには避けては通れないと理解するでしょう。




企業はコミュニケーション能力の高い人を求めている

企業が就活生に求めている一番はコミュニケーション能力なのです。

意外だな~と思ってませんか、でもこれには裏付けされたデータがあるのです。

経団連に属している企業597社のアンケートがあります。

Q.企業は新卒の面接に対して、特に重視している点は何か?

最も多かった回答は『コミュニケーション能力』だったなのです。

しかも、2004年からずっと1位ですよ。

勘違いしやすいのはリーダーシップや協調性がですが、それは1位でありません。

2018 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果

https://www.keidanren.or.jp/policy/2018/110.pdf

一般社団法人 日本経済団体連合会

よって、面接官は面接でコミュニケーション能力の高い人に合格を出しているということがわかります。

私もコミュニケーション能力が高い人に合格を出しています。

はれきち

面接官と就活生が思っている
合格基準は違うのです

コミュニケーション能力が求められる理由

企業がなぜこれほどコミュニケーション能力の高い人を求めているのか?

サラリーマンや公務員、複数人以上で仕事をするのであれば必須の能力です。

1人で完結する芸術家は不要かもしれませんが…。

企業であれば新卒だけでなく、若手~ベテランの全従業員にも求められる能力なのです。

コミュニケーションを辞書で引くと

社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。

言語・文字・身振りなどを媒介として行われる。

情報の伝達、連絡、通信の意だけではなく、意思の疎通、心の通い合いという意でも使われる。

入社すれば、取引先やお客様または上司と必ず会話しなければなりません。

会話のキャッチボールができないと相手が何を考えているか分からず、あなたの言うことも伝わりませんよね。

『相手が分かってくれるだろう』、『そのうちわかればいい』、では困るのです。

たとえ会話が成り立ったとしても、理解度が低いと大変です。

少しわかる、ほとんどわかる、すべてわかるでは受け取り方がだいぶ変わります。

それぐらいコミュニケーションは重要なのです。

仕事をすると同僚、上司、取引先、消費者、株主と必ず誰かとやり取りがあります。

報告、連絡、相談、営業、販売、サービスと何をするにも絶対必要になるスキルなのです。

はれきち

社会人としてコミュニケーション
は必須ですね

コミュ能力が高い人はどうなる

コミュニケーション能力が高いと何がどうよいのでしょうか?

理解力、説得力、共感力、指導力が上がります。

分かりやすく言うと

・仕事が早い
・顧客からの評判がよい
・出世が早い
・責任あるポストにつきやすい
・いわゆる仕事が出来る人

厳しい言い方ですが、企業はボランティアではないので、売上を上げて利益を残さないと成り立たないのです。

コミュニケーション能力が高い人が多い企業は競争力があり、強い会社になるのです。

自分にどんな能力があるか確かめたい人は適性検査を受けてみると良いでしょう

コミュニケーション能力の高さをアピールするには

では面接でどのようにしたら面接官にコミュニケーション能力が高いとアピールできるのでしょう?

勘違いしやすいダメなアピール方法

自己紹介や自己PRで『私はコミュニケーション能力が高いので、〇〇が多いです』と間違ったアピールです。

例えば、

・友達が多い
・LINE友達が多い
・Twitterのフォロワーが多い
・SNSを活用している
・おしゃべりが大好き

友達が多いことやSNSを活用することは、コミュニケーション能力が高いと言えません。

本当に能力の高さをアピールするには

コミュニケーション能力を高めようと思えば一人ではできません。

高めるには本来、時間がかかるのです。

・相手の気持ちになって考える
・相手に関心を持つ
・相手の話をよく聞く
・相手と信頼関係を築く
・相手に要点を伝える
・相手から興味を持たれる

本当はこれらの力を身につけなければなりません。

しかし、そんな時間はありませんよね。

ではどのようにしたらよいのでしょうか?

簡単にできる能力の高さをアピールする方法

次の二つのことを意識するだけでコミュニケーション能力が高いことを簡単に面接官へアピールできます。

話すときはしっかり目を見る

コミュニケーションに自信がない人は目線が下向きになりやすく、目線は合いません。

質問に対して回答するときは必ず面接官の目を見て話すようにしてください。

目線をしっかり合わせれば、面接官は下記のように感じ取ります。

・答えに自信がある

・答えに説得力がある

・相手と意思疎通できる

私の経験上、コミュ力が低い人は目線を合わすことができず、恥ずかしいと思っているのです。

話を聞くときは相づちを打つ

こちらの話を聞くときは相づちを打つはなかなかできている人は少ないです。

話を聞くときはボーっと相手を見ているだけになっていませんか?

私から言わせれば、もったいないの一言です。

相づちを打てば、面接官は『話している内容を理解してうなずいている』と判断するのです。

そうです、やれば意思疎通できていると見えるのです。

集団面接をすると、相づちを打っているのは5人中1人程度です。

そのぐらい少ないです。

面接官は相づちを打つ人に自然と目が行ってしまします。

たったそれだけで他の人と差をつけることができるのです。

はれきち

相づちを打たれると
印象に残りやすい




まとめ

面接で面接官はコミュニケーション能力の高い人を選んで合格にしているのです。

企業で働くためにはコミュニケーション能力は必須となります。

面接でコミュニケーション能力が高いエピソード話でアピールしてもよいですが、もっと簡単に能力を高く魅せる方法があります。

それは話をするときに目を合わせる、話を聞くときは相づちを打つことです。

たった2つのことを徹底するだけであなたは他人と差別化できます。

そうすれば、面接官は他の人よりコミュニケーション能力が高いと判断します。

是非、面接に役立ててみてください。

よく読まれている記事

✅オファー型(逆求人)サイトおすすめ5選


✅就活本おすすめ5選


✅web面接アクセサリー

Posted by はれきち