【海外勤務を希望】就活生が最初に確認すべき3つの質問と落とし穴

2020年3月11日

今はコロナの影響で停滞していますが、落ち着けば海外で働きたい、もしくは経験を積んでいずれ海外に行きたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

保守的な人が多い中、未知なる海外へ挑戦することはすばらしいことです。

採用担当者へどのような質問すれば、海外勤務を目指せるのでしょうか。

また、どのようにアピールすれば、海外要員として入社できるのでしょうか?

企業の新卒・中途採用活動を15年以上している現役社員の私が経験を元にアドバイスいたします。

私は就活に悩む人へ少しでも役立つ情報(レシピ)を提供しています。

この記事では海外勤務を希望する人が面接で最初に募集要項や条件について確認すべき点と入社するために必要なアピールポイントをがわかります。

結果、合格すれば海外要員として入社することができます。




海外勤務できる会社の探し方

海外で働きたいからといって、いきなり海外に出向き、現地で仕事を探すのは非常にハードルが高いです。

国内に本社があり、海外拠点のある企業を探す方が近道といえます。

もしくは外資系で日本支社があるところです。

リクナビ、マイナビなどの大手就活サイトから会社選びは可能です。

大手商社や銀行だけでなく、メーカー、サービス業界でも海外拠点があることに気付くはずです。

しかし、新卒の募集要項に海外勤務の条件はほとんど記載されていません。

国内向けの求人だからです。

転職サイトでは海外の募集要項に関する記載は多いのですが。

よって、直接採用担当者へ確認しないとわからないことが多いのです。

はれきち

海外勤務を希望したい人は
転職サイトから企業を探すと
見つけやすいですよ

就活生が最初に確認すべき3つの質問

就活生が最初に確認すべき3つの質問

海外勤務について募集要項で詳細に書いてある企業はほとんどありません。

よって、企業説明会もしくは一次面接時で確認すべき点があります。

就活生が採用担当者へ必ず始めに聞くべき質問が3つあります。

①海外拠点の募集をしているか
②海外勤務の条件を確認する
③入社して何年で海外勤務できるか

海外拠点の募集をしているか

会社は海外に拠点はあるが海外拠点の新卒採用をしていないことはよくあります。

そのため新卒採用はしていないが、経験を積めば海外勤務は可能か確認が必要です。

国内と海外では戦略が全く異なるので、国内は新卒採用しているが、海外では採用していないことは多いです。

海外は経験豊富な中途採用しか登用しない企業もありますので確認しましょう。

チェックすべき点

・海外拠点の新卒採用はしているか

・新卒採用をしていない場合、経験を積めば行ける可能性はあるか

・海外拠点は子会社か、フランチャイズや提携会社なのか

・人事採用権は国内にあるのか、海外なのか

見落とがちなところとして、海外拠点がパンフレットや会社案内では同じグループ会社のように取り扱っていますが、実はフランチャイズや提携会社になっていることです。

子会社とフランチャイズでは全く影響力が変わってきます。

海外拠点がフランチャイズや提携会社だと別会社になるので、国内に人事権はありません。

企業はグローバル化をアピールするためによくやる手なのです。

一番良いのは国内で採用され、出向で海外へ赴任するのがベストです。

給与体系は日本が基準になるからです。

当然ですが、海外で現地採用されると、現地の給与体系になります。

はれきち

海外拠点が儲かっている
企業は意外と少ないです

海外勤務の条件を確認する

海外勤務が可能と分かった場合、次は条件を確認しましょう。

企業により条件は異なります。

✅チェックすべき点

・語学力はどの程度必要なのか

・勤務地の候補はどこなのか

・海外赴任期間の目安はどれくらいか

通常、新卒は中途採用者と違って、語学力の比重が低いです。

もちろん英語、中国語などの語学力を重視する企業はあります。

企業によってはTOEIC〇〇〇点以上という条件があるかもしれません。

重要なのは勤務地がどこになるかです。

暑い国、寒い国、治安の良し悪し、食べ物が合う合わないなど不安はつきません。

新卒の海外希望者はどこの国、拠点で働くかほとんど選ぶことはできません。

アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア、アフリカと拠点があった場合、希望してもほぼ通りません。

人事部の裁量しだいです。

面接官によってはエリアを教えてくれる場合もあります。

ほとんどは自分の希望している海外拠点で働けるとは限りません。

そのため、どこへでも行く覚悟が必要です。

ここがポイント!

一番大事なのは海外勤務したい意欲が強いかどうかです。

国内では当たり前のことが、海外では当たり前ではありません。

宗教や食文化も違えば、法律も違います。

日本と同じように仕事がスムーズにいくとは限らないのです。

そこで大事になるのが逆境に立ち向かえる気持ちが強いかどうかなのです。

その他、聞くこととして、赴任期間の目安は確認しておきましょう。

3年なのか5年なのか10年なのか、期間の長さにより人生設計が大きく変わります。

いずれ日本に帰ってきたいならば、実績を作ってから上司と交渉しましょう。

行く前から赴任期間を交渉すると逃げ道を作っていると思われますので注意してください。

はれきち

今は東南アジアに力を
入れる企業が多いです

入社して何年で海外勤務できるか

入社したらすぐに海外勤務ができると思ってませんか?

準備があるのですぐとはなりません。

✅チェックすべき点

・入社してどのくらいの期間で海外勤務できるのか

・近々で海外に行った上司の事例を教えてもらう

・海外赴任した人のキャリア形成を確認する

入社して5年経験を積んで、希望により海外勤務ができるのか、入社して半年ぐらいで海外赴任できるのかは大きな違いがあります。

例えすぐに海外赴任ができるとしても国内で研修し、必要なビザを取得するのに手続きが必要です。

早い人は1~2年国内で仕事の流れを経験し、海外赴任ができます。

遅い人だとチャンスに恵まれず、10年以上を要することがあります。

10年以上経つと結婚していたり、親の面倒を見ていたりと環境が一変しています。

そのためチャンスが来ても今のモチベーションを維持できているかは難しいです。

また、海外勤務を希望して入社してもチャンスがなかなか来ない場合があります。

採用担当者に海外勤務を希望している人のキャリア形成はどうなっているか聞いてみましょう。

何年ぐらい国内で経験し、海外赴任できるのか、また海外経験した後は国内に戻るのか、海外を渡り歩くのか、どのようなパターンが多いかも確認しましょう。

はれきち

私の会社では早い人でも
2年はかかっています

面接のアピールポイントはどこ?

面接のアピールポイントはどこにあるのでしょうか?

私が面接官として、海外勤務に向いている人、向いていない人か判断しているポイントを教えます。

・海外勤務をしたい意思が強い

・海外勤務したい理由が明確にある

・海外勤務に耐えられる性格なのか

見ているポイントはこの3つだけです。

語学力は新卒なのであまり気にしません。片言の英会話でも問題ありません。

私の経験上、若いので現地に行けば何とかなります。

海外勤務をしたい意思が強い

一番は意志の強さです。

チャンスがあればとか、どこどこの国ならば行ってもよいという気持ちではダメです。

海外で働きたいという熱意を面接官に伝える必要があります。

海外勤務したい理由が明確にある

海外勤務したい理由が明確にあるとよいです。

一度体験してみたい、海外旅行の時の印象がよかったではダメです。

こんな薄っぺらい理由では通りません。

なにしろ、狭き門なのです。

世界から日本を見たい、日本だけの尺度でビジネスをしたくないと過去に言った人がいました。

やはりそれに近い回答はほしいですね。

海外勤務に耐えられる性格なのか

性格が明るい、考え方が前向きでないとできません。

神経質でひとりでコツコツするのが好きなタイプでは難しいです。

不衛生な労働環境ではハングリー精神も必要です。

海外勤務する人は性格診断テストや適応能力テストを必ず受けます。

危機管理耐性や適応能力の数値が低いと例え意思が強くても不適合になります。




まとめ

海外勤務を希望する人は積極性がある人が多く、バイタリティーにあふれています。

最近は転勤を好まず、地元から離れたくない保守的な人が多い中、海外を希望する人は一目置かれます。

会社説明会や面接内で質問できなかった場合はメールで確認しましょう。

入社が叶い、すぐに海外へ行けなくても毎年の評定で海外勤務を熱望すれば、人事部が優先的に配属を考えてくれるでしょう。

だから評定面談、人事部の面談があった際はその都度、海外勤務の希望を伝えてください。

必ずチャンスは来ます。

海外赴任が決まることはゴールではありません。

海外勤務することがスタートなのです。

よく読まれている記事

✅オファー型(逆求人)サイトおすすめ5選


✅就活本おすすめ5選


✅web面接アクセサリー

Posted by はれきち