【新卒向け】複数内定もらったけど迷っている人へ後悔しない選び方

2020年9月27日

内定通知

内定を1つしかもらっていないと迷いようがないですが、幸運にも3つ4つと複数内定をもらうとどこの会社へ入社するか考えますよね。

仕事は人生を豊かにしたり、やりがいをもったり、何十年も向き合うことになります。

よって安易に選択すると一生後悔することになります。

複数内定をもらった場合、どのような基準で選んだらよいのでしょうか?

企業の新卒・中途採用活動を15年以上している私が企業側の立場からアドバイスいたします。

私は就活に悩む人へ少しでも役立つ情報(レシピ)を提供しています。

この記事では悩んで迷っている理由が整理でき、何を基準にして企業を選べばよいかわかります。

自分ひとりで考えていると結論が二転三転したり、親や友達に相談しても価値観が違うので参考にならないと思った人は参考にしてみてください。

ただし、最終的に判断するのはあなただということは忘れてはいけません。




複数内定をもらったのに迷う理由

迷う

複数内定をもらった時になぜ迷うか整理してみます。

志望動機とのギャップ

ほとんどの人は志望動機の段階では優先順位があります。

この会社に一番入りたいな~、あの会社でこんな仕事がしたいな~と必ず優劣をつけているのです。

しかし、会社説明会、面接を重ねていくと『イメージしていたのとちょっと違うなぁ』とギャップが生まれてくるのです。

よって志望動機の段階で1位だった企業から内定をもらっても踏ん切りがつかなのです。

面接の練習するために受けた企業の方が意外と魅力的だったことはよくあります。

決め手の基準軸が定まらない

どの会社にしようか迷うときは基準がない、もしくはいくつもあること多いです。

例えば

・A企業は将来性がすごくある。

・B企業は売上規模が大きい大手企業である。

・C企業は自分のやりたい品質管理の仕事ができる。

基準がないと選べないですよね。

迷う人はあなたが優先すべき基準軸がないのです。

または基準が多くありすぎて、決めれないのどちらかです。

将来性なのか、企業規模なのか、やりがいなのか。

何を重視するのか基準軸が定まらないと迷います。

はれきち

企業それぞれに良い所が
あるから迷いますよね

業種が異なっているので決め手がない

業種が異なると基準を設定するのが難しいです。

同業種であれば比較しやすいですが、業種が異なると比べにくいです。

例えば食品業界と医薬品業界など業界が異なれると迷いますよね。

業種が異なれば仕事内容は大きく変わってきます。

この3つのパターンが複雑にからんでいるので、なかなか結論がでないのです。

<迷う3つのパターン>

自分の志望していた企業のイメージが少し違う

決め手の基準軸が定まっていない

業界が異なってるので決め手がない

後悔しない企業の選び方

ではどうやって決めたら企業選びは後悔しないのでしょうか?

原点回帰で選んではダメ

よく耳にするのが原点回帰という言葉です。

もう一度、最初に戻り志望動機や自己診断を確認するというやり方です。

しかし、私はこのやり方に疑問を感じています。

どの企業に入社したいか思っていた始めの頃と『今』とでは情報量が決定的に違うのです。

始めの頃は情報量が少ない中で志望企業を決めていたのです。

今はその頃と違って、仕事内容、社風、福利厚生、働きやすさなどの情報が入ってるのです。

そう、大事にしたいのは『今』の考えなのです。

よって原点回帰や自己診断しても迷いは解決しません。

何を基準にするか軸を決める

比べるときは基準がないとよい悪いは決めれません。

どちらが有名企業かそうじゃないかイメージだけで決めるダメです。

ちゃんとした基準が必要なのです。

例えば、

将来性がある

自分が成長できる

給与、福利厚生が充実

希望職種、勤務地で働ける

あなたにとってもっとも重要視しているのはどれですか?

どれも重要かもしれませんが、一番大切にしたい項目をひとつ選びましょう。

他の項目があればそれが基準でもよいです。

将来性とするならば売上の推移を確認する必要があります。

年々増えているのであれば、将来性があると言えます。

逆に横ばいもしくは右肩下がりなら、やめた方がよいです。

はれきち

コロナの影響を受けやすいか
どうかでも会社の適応力が
はかれます

比べる業界が異なっても基準を決める

比べる業界が異なっても基準を設ける必要があります。

例えば、食品会社では品質管理として、医薬品会社では製造で迷っているのであれば、重要視する基準で決めればよいのです。

<例>

どちらの方が売り上げの伸び率がよいのか(将来性)?

どちらの職種を希望しているか?

どちらの給与、福利厚生がよいか?

どれを選んでも正解、不正解はわかりません。

入社して自分がよかったと思ったら正解なのです。

問題は後悔しないように自分を納得させて決めることです。

こればっかりは誰かのせいにはできません。

後悔しやすい選択とは

ここではやってほしくない、後悔しやすい選択をいくつか紹介します。

・有名企業かどうかイメージで決める

・親や友達に決めてもらう

・一部の口コミサイトだけで判断する

有名企業かどうかイメージで決める

他人からどう思われるか、有名企業の方がイメージがよいと判断して選ぶと後悔します。

イメージは抽象的なので、しっかり調べた情報や基準で選ばなければなりません。

決して他人からよく思われる企業を選択したり、名前をよく聞くというだけで決めないようにしましょう。

入社してから、こんなはずではなかったと必ず後悔します。

親や友達に決めてもらう

親や友達に意見を求めるのは構いません。

親に聞くと、『○○会社にしておけば間違いない』と言われるかもしれません。

もしくは友達に『○○さんだったとっちに行く?』と聞いて、その答えを鵜呑みにしてはいけません。

親や友達がその会社に就職するわけではないので、意見のひとつとして捉えましょう。

最終的には自分で判断しなければならないので、あなたの基準で見極めてください。

一部の口コミサイトだけで判断する

口コミサイトの評判で決める人がいますが、それはとても危険です。

口コミサイトはニックネームや無記名なので信ぴょう性がありません。

辞めた人の意見だけが強調されるので、社風や営業ノルマ、パワハラなどのコメントにかたよりがあります。

よいことの口コミは少ないのでバランスが悪いのです。

どうしても迷って決めれない人へ

悩みにハマると自分ではどうしても決められなくなります。

先生や親、友達に相談しても客観的なアドバイスとしては弱いです。

解決方法として、

あなたの考えを整理してくれる人、就活の経験が豊富な人、客観的なアドバイスができる人に相談できれば、判断材料になりますよね。

でも、そんなことができるのかと思ってませんか?

リデラパーソナル・クライムはどの企業を選んだらよいのかセカンドオピニオンとして利用できます。

<公式サイトはこちらから>

>>リデラのパーソナルクライム

右上のお悩み診断はこちらから問い合わせください。

<手順>

学生→それ以外→カウンセリングの予約はこちらに→カウンセリングシートに必要事項を記入して送信します。

ここまでは無料で問い合わせできます。

内容により有料でカウンセリングしてくれます。

お金はかかりますが、納得のいく回答が得られれば安いものです。

人生を大きく左右するわけですからね。

就活のプロの助言はあなたがもっていない視点や的確な基準を教えてくれます。




まとめ後悔しないために最後は自分で決める

どの企業を選択しても完全にスッキリすることはないでしょう。

それはどの企業にも長所短所があるからです。

入社してからも多少の後悔はあるかもしれません。

大事なことは現時点で最善の選択をしないと、入社後もっと後悔することになるのです。

いろんな人の意見を聞いてもよいですが、最後はあなた自身で判断しなければなりません。

自分が納得できる基準で後悔しない選択をしましょう。

決断したら終わりではなく、速やかにその他の企業へ内定辞退の連絡を忘れずに。

Posted by はれきち