【ちょっと待って!】第一志望群と簡単に言わない方がよい【3つの理由】

言わない

面接官から「志望順位はどのくらいですか?」と聞かれたら、正直に答えるべきか、嘘ついて「第一志望です」というか、迷いますよね。

最近増えつつある「第一志望群」という誰も傷つけない抽象的な表現はよい答え方だと思われてますが、実はそうではありません。なぜなら、志望順位を明確に示していなから、印象がよくないのです。

私は大手企業の新卒採用活動を15年以上している現役面接官の「はれきち」です。採用する側の立場で、あなたの悩みを少しでも解決できるよう合否のポイントをぶっちゃけて配信しています(Twitter版はこちら)。

この記事でわかること
  • 決してよい印象は与えない
  • 必ず突っ込んだ質問をされる
  • 書き方が難しくなる
  • 正しい伝え方
  • 言っていいのは中小企業だけ

この記事を読めば、志望順位をどのように答えたら、面接官の印象がよくなるかわかるでしょう。

はれきちの合格レシピ

聞かれたら、「第一志望です」と間髪入れずに笑顔で答える

~内定率が高い就活サイト3選~

ハローナビ就活(内定率95%)

・書類選考なし、座談形式

JHR就職エージェント(内定率92%)

・紹介企業5000件、最短1週間で内定

JobSpring(内定率91.7%)

・紹介は3~4件、早期離職0.1%の実績




登録し忘れてませんか?逆求人サイト

<👑人気ランキング>

1.OfferBox

✅登録企業数8,106社でNO.1

・3年連続学生利用率NO.1

2.キミスカ

✅プラチナスカウトは超魅力

・関東圏に強い

3.dodaキャンパス

・dodaとベネッセが共同運営

✅学生登録者数伸び率NO.1

第一志望群とは

第一志望群
第一志望群イメージ

通常、第一志望群とは「第一志望」や「第一志望に近い企業」を指しています。図のようにあくまでも第一志望グループなので複数の企業が入っております。

その他、第一志望群の中に第二志望を入れている人もいます。これは第二志望と答えづらいので、聞こえのよい第一志望群と言いやすくするためです。

例えば、第二志望だったとしても面接官には「第一志望群です!」と答えるのです。このパターンはかなり多い。だけど第一志望であれば、群ではなくそのままでよいですからね。

考え方として、第一志望群とは内定をもらえれば行きたい会社かで判断できます。

よって、内定をもらっても行くかどうか迷うなら、第一志望群には入らないですね。

第一志望群と言わない方がよい理由3つ

面接の場で、第一志望群とよく聞くようになったとのはここ4~5年くらいでしょうか。

第一志望ではない企業だと、第二志望、第三志望とはさすがに言いずらいので、『第一志望群』と使う場合が多くなっています。

第一志望≧第一志望群≧第二志望

面接官はこのように受け取っています。なんだか友達以上彼女未満のような関係ですが…。

第一志望を含むけど、時には第二志望も含む場合がある、ややアバウトな立ち位置です。

面接官の印象は決してよくない

考え方として頭の中に第一志望群としてA社、B社、C社があるのは構いません。面接の場で、軽々に「第一志望群」と答えない方がよいです。

理由として、面接官に一番よい印象を与えるのは『第一志望』と言うことです。そこを「第一志望群」と言えば、その他企業と一緒、もしくは第二志望以下?と判断されます。

第一志望群は最上位グループと認識してくれる好意的な面接官もいれば、その逆も多く存在しています。ちなみに私は「第一志望ではないんだな」と認識しています。

その理由として、志望順位を聞いているのに『順位の回答じゃない』ということです。

極端な話ですが、付き合いたい彼女もしくは彼氏がいるとします。相手から「一番好きですか?」と聞かれ、「一番好きなグループです」と答えるようなもんなんです。

ちょっと相手に失礼な気がしませんか?(笑)さすがに「一番好きなグループ」と言っては振られちゃいますよね。それと同じとまでは言いませんが、近い状況と言えるでしょう。

はれきち

面接官によって
第一志望群の
受取り方が全然違う

必ず突っ込んだ質問をされる

第一志望群と答えると次のような質問が飛んできます。

・第一志望群は何社くらいあるのですか?

・第一志望群の優先順位はどうやって決めますか?

・弊社は第一志望群の中で上の方、下の方ですか?

第一志望群は何社くらいありますか

2社なのか5社なのかでは意味合いが変わってきますよね。2社ならどちらか決め手がないと捉えられますが、5社ならまだ、どこに就職したいか定まっていないと判断されます。

第一志望群の優先順位はどうやって決めますか

第一志望群が2社や5社でも就職できるのは1社しかありません。何を理由に優先順位を決めるかで就活の軸を見られます。

  • 売上規模や成長率
  • ブランド力
  • 業界
  • 希望勤務地や職種
  • 働きやすい環境や社風
  • 待遇面
  • やりがいやキャリア形成

優先順位の決め方を提示できなければ、具体的に考えていない、考えがまだまとまっていないと判断されます。

弊社は第一志望群の中で上の方、下の方ですか

上の方と回答すれば、まだ脈はありますが、下の方と答えると第二志望以下と判断されるでしょう。採用者は具体的にどのぐらいの志望度があるか測りたいのです。

そこで「一番上です」と答えるぐらいなら、第一志望群ではなく、最初から第一志望と答えた方が印象がよくなりませんか?

はれきち

面接官はわかっていても
聞きたくなるものです

書き方が難しくなる

面接の前に必ずエントリーシートやアンケートに志望順位を記入します。例えば、第三希望まであるとすると、通常のパターンだと3社程度で済みます。ただ、第一志望群とするならば、記入する企業は多くなります。

通常パターン

第一志望 A社

第二志望 B社

第三志望 C社

よくあるパターンなので、違和感はありません。

複数社パターン

第一志望 A社、B社、C社

第二志望 D社、E社

第三志望 F社

記入欄に第一志望は書いてあっても、第一志望群とは書いていません。よって、記入が難しくなるのです。たくさん記入する採用者に分析されますからね。

<面接官が見ているポイント>

・どこの企業を1位にしているか

・業界のバラつき

・就活の軸がどこにあるのか

第一志望群に変わる言い方

第一志望群は面接官によって、好意的に受取ってもらえない場合があります。では、どのようにしたら、印象がよく伝わるのでしょうか?

「志望順位はどのくらいですか?」あるいは「弊社は第一志望ですか?」と聞かれたら、迷わず『第一志望です』と答えることです。

言い方のポイント(コツ)

質問されたときに、考え込んだり、「ん~迷いますね」と答えると第一志望ではありませんと同等の回答になってしまいます。よって、間髪入れずに「第一志望です!」と言い切ることです。最初から伝える準備をしておかないと、とっさにはでません。

言い切ることが大事です。

ちょっと待って!、では第一志望群ではない場合はどうしたらよいのでしょうか?つまり第二希望、第三希望の場合です。この答えも同様、間髪入れずに「第一志望です!」と言い切るのです。え、何で?と思われるかもしれませんが、このように伝える方が格段に印象がよくなるのです。

内定をもらえる確率を少しでも上げるなら、第一志望と答えましょう。

最終的には第一志望か志望でないかはあなたが決めるのではなく、面接官がどう受け取るかで決まるのです。

言い切れる性格ではない場合

みんながみんな白を切れるならよいですが、性格的にどうしてもできない。嘘を言うのが忍びないなら、「2社で迷っています」と答えてください。必ずもう一社はどこですかと必ず質問されるので、答えを用意しておいてください。

面接官は第一志望群と言われるより、2社に絞られている方が具体的にイメージしやすいです。ちゃんと絞り込もうとしている様子が伺えますからね。

印象は第一志望>2社で迷ってる>第一志望群となります。

第一志望群と言っていいのは中小企業だけ

中小企業に伝える

これまで第一志望群と言わない方がよいと伝えてきましたが、ただひとつ言ってよい場合があります。それは中小企業に対して志望順位を伝える時です。理由としては、中小企業を第一志望としてる人が少ないからです。迷わず「第一志望です」と答えれば、嘘臭く感じになります。

よって、中小企業の場合は「第一志望群です」と伝えても構いません。

もし、本当に第一志望なら堂々と答えてください。ただ、優先順位が低いからと言って、第三希望以下で答えると不合格になるでしょう。言い方には十分注意してください。

はれきち

あとは面接官に第一志望群は
どこですか?と聞かれた場合だけ

志望順位で嘘をついても大丈夫なの?

嘘大丈夫

第一志望でもなにのに、嘘をついて「第一志望」と答えるのはおかしいと思ってませんか?嘘をつくと信ぴょう性がなくなり、他の回答の説得力がなくなる、あるいは性格的に言いたくないと考えるでしょう。

そう思っている方に、是非言わせてください!

では馬鹿正直に「第四志望」や「第五志望です」と言えますか?➡志望順位が低いと間違いなく落とされます。

仮に第一志望群と言うなら、回答をぼかしている、優劣をつけていないと思いませんか?

態度として、人のよさがにじみ出ると、即答できないので迷っている表情が顔に出ちゃいます。そうすると面接官によい印象は与えません。内定をもらうことが目的なので、そこはグッと飲み込んで笑顔で即答しましょう。

<はれきちの見解>
面接官の私が言うのも何なんですが、面接はセールストークが必要になります。自分を売り込まないといけないからです。志望動機や自己PR、ガクチカと嘘八百はいけませんが、多少話を盛ったりするのはアリだと思っています。

面接する企業は志望順位を1位に上げておきましょう。

実は第二、第三希望で内定をもらった場合

実は第二、第三志望なのに、志望順位を一位に上げたことにより、内定をもらった場合はどうすればよいのでしょうか?

最終面接に合格すれば、入社承諾書または内定承諾書が届きます。入社承諾書を提出すると絶対に入社しないといけないと思ってませんか。実はそんなことはありません。なので、一旦入社承諾書は提出してください。後から辞退は可能です。

>>【採用者回答】入社承諾書提出しても辞退は可能、ただし注意点あり

第一志望が決まれば、入社辞退書を提出すればよいのです。また、第一志望が決まらなければ、第二志望もしくは第三志望の会社へそのまま入社すればよいのです。

はれきち

第二、第三志望でも
内定をもらうことを
最優先に考えよう

第一志望群の志望動機が同じではダメ

第一志望群は自分に興味がある、関心が高いことなので、志望動機が同じになりやすいです。志望動機は会社ごとに変える必要があります。

全部骨格から変える必要はありませんが、なぜその会社に就職したいか明確に示さないといけません。そうなると第一志望群の中でも企業ごとに志望動機の内容が変わってくるはずです。

志望動機を作るとき参考にするなら、志望動機ジェネレータが便利です。必要な項目を入れると骨格を作成してくれます。

たくさん作成するのは大変だからね




まとめ

第一志望群という考え方はよいですが、面接で志望順位を聞かれたら、簡単に「第一志望群です」と答えない方がよいでしょう。

決して、面接官は好意的に受け取ってくれませんし、突っ込んだ質問が飛んでく来ます。答え方に詰まったり、考え込むと余計に心象を悪くさせてしまいます。

第一志望群という言い方ではなく、「第一志望」と笑顔で答えると印象がよくなります。ただ、事前にシミュレーションしていないと質問されてもとっさに反応できません。よって、聞かれたら笑顔で『第一志望です』と答えれるようにしておきましょう。

例え、第二、第三志望だとしても第一志望群という言葉でごまかすなら、思い切って第一志望と伝えましょう。その方が内定の確率は上がります。内定辞退は可能なので、まず内定を取ることを最優先に考えてください。

最終的には第一志望かそうでないかは面接官の受取り方で決まるので、そう悩む必要はありません。少しでも確率が上がる方を選択するようにしましょう。

よく読まれている記事
よく読まれている記事

~内定率が高い就活サイト3選~

ハローナビ就活(内定率95%)

・書類選考なし、座談形式

JHR就職エージェント(内定率92%)

・紹介企業5000件、最短1週間で内定

JobSpring(内定率91.7%)

・紹介は3~4件、早期離職0.1%の実績

<web面接アクセサリー>

Posted by はれきち