【就活はお金がかかる】面接で交通費はでるのか?全額支給or片道?

2019年9月16日

交通費

就活で困るのはお金が意外とかかることです。

特にスーツ、ネクタイ、ビジネスカバンやビジネスリュックの購入に目が向きがちですが交通費もバカになりません。

最近はWEB面接と対面の最終面接を併用する会社も多く、オンライン面接のためにWEBカメライヤホンマイクスマホスタンドなどが余分な費用がかかってしまします。

企業は学生の経費負担を少しでも軽減し、企業イメージをアップするために交通費を支給する場合があります。

交通費を出してもらえる場合は全額それとも片道分なのか?

電車は指定席を取っても大丈夫なのか?

企業の新卒・中途採用活動を15年以上している現役社員の私がお答えします。

私は就活に悩む人へ少しでも役立つ情報(レシピ)を提供しています。

この記事では企業が交通費を支給していない場合が多いことが分かります。

しかし、最終面接だけは交通費を全額あるいは片道支給する場合もあります。

交通機関を使用する際の注意点についても言及いたします。

少しでも企業側に交通費負担してもらえれば、選択肢は広がります。




就活はお金がかかる

いざ就活をしようとすると使えそうなネクタイがない、スーツに合う革靴がなかったりでお金がかかるものです。

マイナビ調べでは就活にかかる費用は全国平均16万強となっています。

関東地方でも13万弱の費用を要してます。

特に北海道、九州の人が東京へ就職しようとすると交通費の負担はかなり大きいです。

会社説明会、一次面接、二次面接、最終面接と全て東京会場だと4回は行かなければなりません。

東京に数社エントリーすると交通費は尋常ではない。

そうなると負担は20万を軽く超えるでしょう。

学生にとって10万以上となるとかなりの負担です。

2019年卒学生、就活にかかった費用はいくら?

https://news.mynavi.jp/article/20190302-780329/   

参照:マイナビ
はれきち

企業は学生の交通費負担を
軽減するためWEB面接の
移行を推進しています

面接で交通費は支給されるのか?

会社説明会の交通費はでないことは分かりますが、一次面接、二次面接、最終面接はどうなのでしょうか?

答えとしては『原則、交通費はでない』と思っていた方がよいでしょう。

全額自己負担と覚悟しておきましょう。

ただし、一部の企業で交通費を支給するところがあります。

交通費を負担してくれる会社はすべての面接で払ってくれるわけではありません。

会社説明会、一次面接では就活生のエントリー数が多く、交通費を支給するところはありません。

二次面接、最終面接と人数が絞れてくると交通費を支給してくれる企業があります。

二次面接と最終面接の両方、あるいは最終面接のみに分かれます。

ちなみに私の会社では最終面接のみ交通費を支給しております。

出してくれる企業も全額から一部負担、片道のみ、上限設定ありと様々です。

交通費負担をする企業のメリット

就活生にとってのメリットは分かりやすいですが、企業側のメリットは何でしょうか?

企業側のメリットとして次のことがあげられます。

企業イメージが上がる

良い人材を確保できる

他社と差別化できる

企業イメージが上がる

一番のメリットは企業イメージが上がることです。

就活生に優しい会社、就活生思い、あるいはそもそも利益がないとできないので、儲かっている会社だとイメージできます。

当然、交通費を支給した方がイメージは上がるのです。

はれきち

ただし、費用対効果から
交通費を支給しない企業も多い

良い人材を確保できる

面接を受けたいが遠くて、交通費がかかるので遠慮したい人を呼び込むことができます。

本当に来てもらいたい就活生には惜しみなく、負担したいのが正直なところです。

しかし、掛けられる費用には限界があります。

交通費負担がネックになっている人でも面接を受けてもらい、良い人材を多く探したいのです。

他社と差別化できる

企業はライバル会社と差別化しやすいです。

同業種であれば、どちらの面接に行きたいですか?

もちろん交通費支給する企業に集まりやすいのです。

企業はできるだけ多くの就活生を集めて、良い人材を選択が可能。

ライバル会社より多くの応募数を増やすことができます。

はれきち

デメリットは経費が
数百万以上かかることです

交通費を支給する金額

企業が交通費を支給してくれる場合、全額とは限りません。

いくつかのパターンに分かれます。

・往復の交通費

・片道分

・上限1万まで(例)

・一律2000円(例)

どのパターンで支払われるかは企業によって異なります。

ほとんどの場合、ホームページで交通費の支給の有無、金額について事前に知らせることはありません。

金額の有無を知らせてくれる方法は2つあります。

①例えば、二次面接後に

次の最終面接は交通費を片道分支給するので、領収書とハンコを持参ください。

と言われます。

②もしくは、合否通知のメールに同様のことが記載されます。

注意点として、

交通費が出る条件を確認したい場合、面接で直接聞くのは避けた方がよいでしょう。

面接官によっては悪い印象を持たれるかもしれません。

どうしても確認したい場合は会社説明会時に聞くか、事前にメールで企業へ問い合わせる方が無難です。

交通費を受け取る際の注意点

社会人となれば交通費精算は慣れてますが、就活生はピンときません。

交通費の清算はルールがあるので注意してください。

公共交通機関を利用する

移動は公共交通機関を使うルールとなっています。

飛行機、電車、地下鉄、バス、フェリーなど利用は問題ありません。

ただし、新幹線や電車に乗る場合はグリーン車、指定席はダメです。

自由席にしましょう。

タクシーの利用はダメです。

レンタカー、カーシェアの利用はできません。

自家用車を使った場合のガソリン代、駐車場代は請求できません。

飛行機を利用してもよい

飛行機は使ってはダメだと思っている人がいます。

遠い場合は使っても構いません。

ただし、大阪ー東京間は新幹線を利用しましょう。

LCC、ANA、JALのどれを利用してもよいです。

期日、時間が決まっているのなら、早割価格を選びましょう。

時間の変更がある場合は通常価格でよいです。

遠方の人は無理して、高速バスを利用しなくてもよいです。

肉体的負担の少ない飛行機、新幹線を選択しましょう。

交通費の計算

乗り換えが多いと金額がわかならなくなりますが、ネットの路線情報で合計金額がわかります。

どの路線を使うと早く到着するかもしくは金額が安く行けるか確認できます。

支払いは現金でもクレジット払いでも構いません。

格安チケットセンターで購入する場合は領収書の発行が公共交通機関ではないので、気を付けてください。

就活生の請求金額とネットで調べた価格が大きく逸脱していると採用担当者から指摘が入りますので、正確に申請してください。

不明な点は採用担当者へ問い合わせましょう。

一番大事なのは領収書を無くさないことです。

はれきち

領収書が発行されない場合は
金額をメモしておきましょう

少しでも交通費の負担を軽減したい人へ

交通費を少しでも軽減したい、お金が掛けれない人はどうしたら良いのでしょうか?

効率よく計画を立てる

地方の人が東京へ就活すると交通費が高くなります。

できれば、東京に来たときに複数の会社説明会、一次面接を入れたいですよね。

一次面接は日程調整ができるのでうまく絡ませることできれば、効率がよい活動ができます。

2~3日泊まって、行き来する回数を減らすことで交通費を削減できます。

全て計画を立てて進めないと最悪の場合、一日おきに東京へ出向くことになります。

何事も計画を立てることが大事です。

オンライン面接を活用する

WEB面接を実施している企業はかなり多くなりました。

対面式よりWEBで行っている企業へアプローチすると交通費は大きく減らすことができます。

コロナの影響で最終面接までオンライン面接になっている企業もあります。

どうしても交通費をかけたくない人はオンライン面接をしている企業にエントリーしましょう。




まとめ

ほとんどの企業では交通費の支給がありません。

一部の企業で面接時にかかった交通費を支給する場合があります。

その場合、企業によって支給される額は全額、片道、上限設定、一律負担などことなります。

少しでも交通費の負担を軽減するには計画を立てまとめて効率よく就活するか、オンライン面接を実施している企業に絞るとよいでしょう。

Posted by はれきち