転職不安解消!初めてのweb面接でも大丈夫!3つのポイント

2020年5月3日

コロナウィルスの影響により、対面ではなくweb面接にする企業が増えてきました。

転職する際に採用担当者から『面談はweb面接になります』といきなり言われたら、困りませんか?

初めてのweb面接だと何をどのようにしたらよいか不安になります。

不安に思っている人へweb面接で重要なポイントを3つに絞って説明致します。

企業の新卒・中途採用の面接を15年以上している私が何をどうしたらよいかお答えします。

スマホやパソコンがあれば、簡単につなぐことができますので安心してください。

webで転職者と採用担当者をつなぐために事前にアプリやURLの指示が必ずあります。

そのため焦る必要はありません。

web面接前にメールで指示がきますのでチェックしてください。

その上でweb面接ではこの3つのポイントに注意してください。

《3つのポイント》
①web面接をする場所
②web面接する時の服装
③web面接で必ず聞かれる質問

まず、スマホがあれば問題ありません。

カメラ付きのノートパソコンがあれば、有線LANを使用しましょう。

そちらの方がスマホより電波状況が安定しています。

無ければスマホで構いません。

ほとんどの人がスマホを利用しています。




web面接をする場所

どこでweb面接をするのか場所選びが必要になります。

自宅や実家のリビング、自分の部屋を利用する場合が多いです。

その際電波の状況を必ず確認してください。

自宅の中でも1階、2階や窓側、窓がない側によっても変わってきます。

YouTubeの動画がしっかり見れれば問題ないでしょう。

電波が弱いと面接中に途切れたり、画面がフリーズしたり、音声だけになったりします。

弱い場合は車の中で面接してもよいです。

web面接では自分以外に背景も映り込みます。

背景に洗濯物、ポスター、ぬいぐるみなどが映り込まないようにしてください。

生活臭がでないよう気を付けてください。

面接官に変な印象が付かないようにするためです。

なるべく背景が無地の壁、カーテンを閉めた状態がよいです。

背中に日が当たる場合は逆光となり顔が暗く映ります。

カーテンを閉め電気を付けて望みましょう。

昼でも電気を付けた方が顔の表情がよく見えるようになります。

web面接する時の服装

場所が決まったら、どういった服装で望めばよいのでしょうか?

これは訪問する時同様に男性はスーツにネクタイ、女性はブラウスにジャケットなど正装となります。

自宅なのでラフな格好でもよいかと思いがちですが、webでも面接であるため正装で望みましょう。

最近のスマホカメラは性能がよいので顔の表情もよく見えます。

寝ぐせやネクタイが歪んでないか、事前に鏡でチェックしてください。

5分前には着席して待機するようにしてください。

早めにつながる場合があります。

また、一般的に5月~9月までクールビズ期間中ですが、面接を受ける立場なので正装で望んだ方がよいです。

web面接で必ず聞かれる質問

転職すると面接官に必ず聞かれる質問があります。

必ず聞かれる質問
①なぜ前の会社を辞めたのですか?
②なぜ弊社に入社いたいと思ったのですか?
③最後に何か質問はありますか?

この3つは対面でも聞かれますが、当然web面接でも聞かれます。

あらかじめ回答を準備しておきましょう。

なぜ前の会社を辞めたのですか?

明確な理由がないと不信感につながります。

辞めた理由は人間関係、給与面、仕事量、残業、休日出勤など理由は様々です。

大事なのは問題が生じてすぐ辞めたのではなく、改善するため対策や努力を続けたことを伝えましょう。

それでも改善が見られなかったので退職に至ったと説明をすれば、悪い印象は持たれません。

困難にぶつかったときにすぐ辞めるようでは採用されません。

なぜ弊社に入社いたいと思ったのですか?

これは志望動機を聞いています。

転職する企業のホームページは必ず目を通してください。

ほとんどの企業はホームページで会社のPRをしています。

志望動機につながる要素は必ず見つかります。

時間があれば同業他社のホームページと比べて見ましょう。

希望している企業が何を強みや売りにしているか明確に分かります。

最後に何か質問はありますか?

必ず最後に何か質問はありますか?と聞かれます。

その際はなるべく質問するようにしましょう。

業務内容、仕事内容、給与面、教育などについて必ず質問するようにしてください。

確認すべきことでも構いません。

質問を全くしないと興味や関心がないと捉えられたり、分からないことを質問できない人と判断されるかもしれません。

まとめ

いきなり採用担当者からweb面接をすると言われても、これらのポイントを押さえておけば不安にはなりません。

初めてのweb面接でもあらかじめ電波チェック、映り込む背景、想定される質問を準備しておけば、当日の緊張感は少ないです。

面接官と会話するときは画面を見ながらではなく、カメラを見るようにしてください。

画面を見ながら話すと視線が下に向くため、自信がないように映ります。

カメラ目線だと目と目が合っているよう見えるため、自信があるように聞こえます。

緊張で早口になりやすいのでゆっくり話せばなお印象がよくなります。

web面接はポイントをあらかじめ掴んでおけば、不安は解消され落ち着いて望むことができます。




Posted by はれきち