【就活の服装】初めての面接で失敗しないマナー10項目【男性編】

2019年8月13日

誰もが面接で失礼のないように服装は気をつけたいものです。

初めて面接に向かうとき、本当にこの服装でよいのか不安になります。

自分だけ浮いていないか、常識の範囲内に納まっているか?

企業の新卒・中途採用活動を15年以上している現役社員の私がアドバイスさせていただきます。

私は就活に悩む人に少しでも役立つ情報(レシピ)を提供しています。

この記事では初めての面接に望む人へ常識的な服装をおしえます。

これが大正解というものはありません。

ここでは服装で失敗しないマナー10項目をまとめてみました。

すでに知っている方も面接官の許容範囲も記載してますので参考にしてください。




服装は第一印象を左右する

人と人が会うとき、必ず目に飛び込むのが服装です。

第一印象は服装で決まるといっていいでしょう。

人は数秒という短い時間で印象を決めていることをご存じでしょうか?

目から入る情報の色、形、バランスは無意識のうちに脳裏に入ります。

特に面接官は何百、何千人もの人をみているので、頭の中にパターンが植え付けられているのです。

パターン化されたものから逸脱していると目に留まるのです。

服装が派手、地味、明るい、暗い、バランスがいい、悪いありますが、

常識の範囲内に納まっていればよいのです。

服装のポイントは『清潔感』と『若々しさ』です。

はれ吉

服装と表情で
第一印象が決まります

服装マナー10項目

服装のマナー10項目を取りまとめました。

私が面接官として見ている箇所を中心に選びました。

①スーツ
②ワイシャツ
③インナーシャツ
④ネクタイ
⑤ベルト
⑥靴下
⑦靴
⑧腕時計
⑨コート(上着)
⑩アクセサリー

スーツ

スーツのタイプですが、シングルスーツの2ボタンを選べば間違いありません。

または3ボタンでも構いません。

ただし、結婚式で着るようなダブルのスーツはNGです。

色は濃紺、紺がよく、ダークグレーでもよいでしょう。

その際、ストライプ柄でも構いません。

ただし、ストライプ柄が太い、色が鮮やかなものは避けましょう。

印象が派手になります。

はれ吉

クリーニングし忘れた
スーツはしわしわで
清潔感がなくなります

ワイシャツ

色は白が一番良いです。

ボタンの色は白でなくても構いません。

襟にボタンがついているタイプでも構いません。

スーツに合わせて、無地で薄いブルーやグレーでもよいでしょう。

ただし、濃い青色、濃いグレーは避けた方がよいでしょう。

スーツから袖口が少し見える程度のサイズを選びましょう。

インナーシャツ

白、肌色のインナーシャツが一番良いです。

男性はインナーシャツを着ない人いますが、汗をかくと透けるの避けましょう。

女性面接官だと特に悪い印象を与えてしまします。

柄シャツ、カラーシャツも同様に透けるので避けましょう。

首元からインナーシャツが見えないように注意しましょう。

はれ吉

クールビズでも
インナーシャツは必須です

ネクタイ

青系もしくは赤系のストライプ柄がよいです。

やや明るい色を選ぶとよいでしょう。

ピンクや紫は派手すぎるので避けましょう。

逆に黒っぽい、濃いブラウンだと暗い印象となります。

また、水玉模様やペイストリー柄も雰囲気と異なるので避けましょう。

ベルト

ビジネスベルトを選びましょう。

黒が基本です。

ダークブラウンでもよいでしょう。

材質は本革、合皮がよいです。

布製やビニール製はNGです。

ベルト無しはもっとダメです。

黒でもバックルが大きいものは避けましょう。

プライベート用と間違えられます。

靴下

黒の単色が一番良いです。

濃紺もよいでしょう。

複数色のデザインは避けましょう。

白や明るい色はダメです。

くるぶしまでのスニーカーソックスも当然ダメです。

ビジネスシューズと言われるひも付きの黒の革靴が一番良いです。

予算の都合上、合皮でも構いません。

ダークブラウンでも構いませんが、ブラウンとなるとスーツを合わせるのが難しいので避けましょう。

黒でもカジュアルデザインは避けましょう。

はれ吉

雨に日は足元が汚れやすいので
チェックしましょう

腕時計

腕時計はした方がよいでしょう。

私はしなくても全然構わないのですが、古いタイプの面接官だと腕時計は常識と考えている人がまだいます。

シンプルな時計を選びましょう。

色はシルバー、ベルトは皮でも金属でも構いません。

ゴールド色やデザイン性高いものは付けないようにしましょう。

ダイバーウォッチ、Gショックなど大きいものも目立つので避けましょう。

コート(上着)

色は黒系が一番よく、濃紺、ダークブラウン、ダークグレーでもよいでしょう。

奇抜や派手なデザインは避けましょう。

ビジネスコートを選択しましょう。

ユニクロのウルトラライトダウンはダメです。

タイプはロング、ハーフがありますが、ハーフタイプを選びましょう。

すっきり見せることができます。

あとコートは脱いで手に持つことが多いのでハーフの方が使い勝手がよいでしょう。

はれ吉

室内に入る時は
既に脱いでおきましょう

アクセサリー

ネックレス、ピアスは当然外して行きましょう。

また、パワーストーンのブレスレットをしている人を良く見かけますが、マイナス評価となります。

事前に必ず外しましょう。

まとめ

面接官はこの10項目中で一つでも気になる所があれば、常に目がその場所にいってしまいます。

面接で服装の加点はありませんが、常識の範囲から逸脱するとマイナス評価となります。

服装は自分の外観をアピールする重要なアイテムなのです。




Posted by はれきち